読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

チート薬師の異世界旅 2

チート薬師の異世界旅 2 (ヒーロー文庫)
東回りで国の南部にやってきた裕次郎とセリエは今度は西回りで北上することにした。夢見の薬の材料と馬車を求めて旅を再開し、新たな仲間ラグスマグのヴァインを迎え入れる。人懐こくペットとしても戦力としても、ヴァインの存在はありがたく大事な仲間になる。材料の情報も手に入れた裕次郎たちは採取できる場所を求めて移動を続け、とある村にたどり着く。そこである人物に出会い新たな力を教わることになるのだが―。






異世界転生を機に薬に関するあらゆる知識と強靭な肉体を手にした主人公のサワベユージロー。異世界では人間から差別的な目で見られるエルフのセリエと共に、セリエの母親を探すことを目的とした二人のラブラブ旅というのがこのラノベの大まかな内容。
異世界で自生している材料をもとに作成した薬を旅で訪れた各地で売りさばいたり、行く先々で舞い込んできた依頼を解決するにつれて有名になった結果飛び込んできた依頼をこなしていくなど、なろう書籍でしか楽しめないような展開が満載で密度の濃い内容でした。あのテンポと一つの内容に対して過剰なまでにページ数を割けるのはなろう書籍ならでは。
ユージローのセリエに対する好意とアプローチも1巻の頃と全く変わらずの平常運転で、それに対してかるーく受け流していくセリエ。この全くと言っていいほどデレを見せない身持ちの固いセリエの態度の裏に、デレることでユージローを調子付かせるわけにはいかないという意地を感じられて(勝手に感じてる)逆に可愛い! さらなるデレを見せてくれる日が来ることが楽しみで仕方がない。
ヒーロー文庫で僕がもっともオススメしたいラノベなので是非是非買ってくださいm(__)m