働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

オレと彼女の萌えよペン 2

オレと彼女の萌えよペン (2) (富士見ファンタジア文庫)
巨乳好きで美少女オタクな萌え漫画家・生駒アギト先生と、バトル漫画好きだがオタク知識には疎い俺は、合同で描き上げた漫画で連載権を勝ち取った。そんな中、俺との作業時間を増やすため、先生が俺の学校に転入してきたのだが…対人関係が苦手な先生は案の定たどたどしく、クラスメイトへの応対も冷たい。ならば、オタク同士ならどうだ!?と、幼馴染みの香月みなせとアニメ話をさせるも…ロリコンとは話が合わないようで、「金髪の幼馴染みとか…エロゲかっつうの!」と一刀両断。俺に至っては無視。って、なんのために転校してきたんだよ!!…はあ、エミリちゃんに相談…かなあ。






生駒茉莉の妹が突如訪問してきて今後も貴重なロリキャラとして立ち回ってくれそう。あわよくば数多く登場する美少女キャラたちと競い合って、主人公である君島泉にアプローチを仕掛ける強敵になりそうなくらい眺めていて気持ちのいいキャラクターだった。子どもならではの純粋さが茉莉の部屋に資料として保管されている漫画に毒されて、惜しげもなくその裸体を泉の前にさらけ出す当たりはどうみても好感度は高いだろ。あと残すはこれからの3巻4巻で活躍できる場だけだ! 高校生&小学生のコンビでドンドンラブコメ展開を見せて欲しい。
茉莉のほうも漫画家として活動するうえで忙しくなることから、進学校から転校して『通いやすい距離で学力が少し下の学校』を理由に泉の学校のしかも同じクラスに舞い込んでくる。2巻で『学校』+『ラブコメ』という要素を手に入れたなら、あとに控えるのは体育祭・文化祭といった学校行事だな。幼馴染みの香月みなせともオタク友達としての繋がりをもちつつラブコメバトルを繰り広げることは間違いないな。