働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

路地裏バトルプリンセス

路地裏バトルプリンセス (GA文庫)
「その制服……あなたが相手ですね」
ある夜、路地裏で高校生の日月は、姿を偽り腕を競う路上格闘技《血闘(ストラグル)》に身を賭す一人の少女と出会う。
彼女のその――金のツインテールに改造セーラー服姿は、全ての敵を「一撃」で沈め頂点に至り、そして消えた伝説のランカー《魔王少女》のもの。ところが日月は――そんな《魔王少女》を「一撃」で沈めてしまう! 「いるもんだな……ニセモノって」何故なら――! ?
――この地には、魔王少女が現れる。そんな噂が流れ出して一年。
本物の一撃に憧れる少女が、戦うことを辞めた少年と出会うとき、《血闘》に新たな伝説が刻まれる! ! 白熱の路上バトルアクション、開幕!






路地裏で行われている格闘技《血闘(ストラグル)》は世間的には暴力の絶えないアウトローな世界だという認識。力の優劣によりランキング付けがされている路上バトルに身をおいている少年少女たちの物語。
主人公である日月朋昌はこの血闘において初代魔王少女として君臨する最強の人物であるが、もともと護身術を目的とした格闘術であるため、積極的なプレイヤーではなく絡まれたら戦うというスタイル。そんな魔王少女の強さに憧れた二代目魔王少女(自称)と初代魔王少女が出会ったことがきっかけで起こった路上バトルアクションが1巻の内容。
本策の中心にいる二代目魔王少女を自称する彼女がなぜそこまで強さに憧れを抱いているのか。そこにまつわるストーリーやその他の登場キャラクターの血闘に対する意気込みやバックボーンなどが緻密に書かれていていてよかった。

二代目魔王少女が強さを求めるにあたり初代魔王少女に弟子入りするにあたり、特訓シーンや格闘シーンも出てくることになるんですけど、そのなかでも特に格闘シーンの密度がかなり濃くて目を引きました。異能も超能力もない、体ひとつで争っている世界だけあって繰り広げられるバトルは身体能力がものをいうんですね。体の動かし方の細部にまで書き込まれていたんでじっくり読み込んで楽しんでました。個人的にはファミレスであった指一本で相手の重心をとらえるあのシーンは鳥肌がたった。

あとは血闘が生んだラブコメについて。
アウトローな世界に身をおいているだけあって、その正体を相手につかませないために仮装をしている人もいるというそんな世界。しかも主人公の日月朋昌は伝説と称される人物だけあって、その姿を追いかける人間もいるんでしょうねー。朋昌のあずかり知らぬところで一方通行な憧れを抱いていた丁田小町の扱いときたら……。まあでも読んでいて楽しいキャラではあったよ。
弟子入りを志願した二代目魔王少女と日月の距離感に嫉妬する姿とか可愛かったよ。

とまあこんな感じで、個人的にはかなり好感触な新人賞作品だったんで2巻も買っていこうかなーと思ってます。あとはこの感想を書いている頃には読んだ頃の記憶が薄れているのもあって、間違ったことを書いていないか心配だな。