働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

電想神界ラグナロク

【Amazon.co.jp限定】電想神界ラグナロク 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)
「お前はこれから、資源を得るためにゲーム世界で戦争をしてもらう」
冷凍睡眠から目覚めた式守雄馬はゲームに支配される現状に危機感を抱きながら、生き残るため仮想現実にダイブする。だが、そこはシステムの恩恵を受けた紛い物の達人が武勇を奮い、権力を握る世界だった。
「俺の剣はこの世界でも通用する」
失われた知識と継承した剣術を武器に、雄馬はシステムを一切使用せずに戦い、AI支配解除の鍵を握ると言われるゲームクリアを目指す!! ―人類解放RPGここに開幕―





人類の起こした各線によって生じた粉塵や煙によって人為的な氷河期に突入することになり、それを凌ぐために建設されたのがアダムドーム。収容人数に限りがあるため、人類の中から選ばれた人間だけがこのアダムドームに収容される。それを判定するのが『ジャッジシステム』。
冷凍睡眠(コールドスリープ)から目覚めた式守雄馬が見た世界はゲームに支配された世界で、生き残るためには仮想現実の世界にダイブして食い扶持を稼がなければならない日常であった。
電想神界ラグナロクの内容をざっくり説明するとこんな感じですかね。

主人公の式守が暮らすのは日本に存在するアダムドームを中心とした仮想現実の世界。第1巻はそんな式守がコールドスリープから目覚めて家族と再会を果たし、アダムドームが抱える問題はゲームのシステムに順応していくストーリー。

この作者のラノベはこのライトノベル文庫から出版されている『スクールライブ・オンライン』を読んで知ったんですけど、電想神界ラグナロクも期待していた以上に楽しめる内容になってもう大満足! ラストの2巻への引きであんなものを見せ付けられたら2巻を買わざるをえない!
ゲームを舞台にしたラノベに良くあるものに「プレイヤーがシステムアシストされた行動パターンで攻撃を仕掛けてくる」ものがあり、式守は体に染み付いた古流剣術の技能があるため「俺はこんなシステムいらねぇ!」と完全に独自のスタイルをもって戦闘に挑んでいきます。
どんな素人でも熟練の剣筋がうてるのがシステムアシストのメリットではあるけど、そんなもの主人公にはいらないんだよ!アダムドームを支配する神的な位置に存在するユミルの存在も面白さを引き出してくれる。その他にもゲームの世界ならではの面白さが満天で個人的にはかなりオススメのラノベです。