働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

絶対ナル孤独者 2 ―発火者 The Igniter―

絶対ナル孤独者 (2) ―発火者 The Igniter― (電撃文庫)
謎の地球外有機生命体に寄生された少年・空木ミノルは、自身の能力“孤独”を武器に、人類の敵“ルビーアイ”にからくも勝利する。その日、ミノルは“加速者”ユミコから、“組織”へ誘われる。組織の役割とは、人間に危害を加える“ルビーアイ”能力者の撲滅。共闘を依頼されたミノルは、加入するかわりに、あることを要求する。それは、自分自身の“存在”消去。彼は、“誰も自分のことを知らない世界”を追い求めていた…。ミノルの次なる敵は、最も危険で狡猾な相手、“酸素”を操る“発火者”。絶対的な“孤独”を抱く少年の行方は―!





ルビーアイ寄生者VS空木ミノルによる異能力バトルはもうとにかく僕の大好きな異能力バトルをこれでもかって盛り込まれていて最高に面白かった! ミノルのもつ孤独者としての能力に関しては発動から間もないとあって未知の部分が多い。そこに特課の伊佐理々の登場によって、ミノルの絶対的な防御力に科学的アプローチから解析に入るシーン。作者が自分で作り上げたキャラクターなのに、『防御空間内では空気がある』『ミノルの障壁の硬度は……』『可視光線は通過する』『外の音は聞こえる聞こえない』もう色んな情報をガチで解析に入ってきていてヤバイ!ミノルの異能力に関する謎が深まっていく一方で『孤独』の能力がこれからどういう覚醒を辿っていくのかも楽しみで仕方がなくなる。シンプルな異能力で、攻撃力がなく防御一辺倒に見えて使い方と敵との相性次第では勝ちに行くことができる。今回の敵である『酸素を操る発火者』に対してどう立ち回っていくのかも見ていてかなり楽しかったです。
異能力ならではの『酸素』というキーワードに着目した幅の広い活用方法から繰り広げられる異能力バトルも激熱で最高でした。