働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ガーリー・エアフォース 2

ガーリー・エアフォース (2) (電撃文庫)
真紅に煌めく戦闘機を駆る美少女・グリペン。空に焦がれる少年・慧のパートナー。想いはひたむきだが、世間知らずでその挙動は相変わらず不審で不安定。山吹色に輝く戦闘機を操る金髪美少女・イーグル。天真爛漫で自信過剰、明るく楽しく敵を倒せばいーんじゃん?そんな二人の前に新たな戦闘機美少女、ファントムが現れる。清楚で可憐なルックスながら、これが腹に一物も二物も抱えた曲者で…?個性も思いもばらばらな3機編隊は謎の敵性体・ザイを迎え撃つべく出撃する!戦闘機×美少女ストーリー第2弾!





戦闘機・擬人化・美少女。「なんで戦闘機が美少女になってるんだ?」っていう野暮なことは置いておき、世界中で現れる敵性体・ザイを迎え撃つ慧とグリペンたちのストーリー第二弾も安定して面白かった。
グリペンやイーグルが軍の施設内で送る平和なひと時の日常風景も個性豊かなやりとり。日本の危機に立ち向かう戦闘機美少女たちの楽しい風景をまったり眺めつつ、中盤以降のシリアスな展開に備えるような感じです。専門用語は字面だけ捉えて軽く読む分にいは別にいいんだけど、それでも理解できない用語が多いとストレスに感じるときもある。1巻は個人的に戦闘機やその手の界隈の専門用語が比較的多かった印象だったけど、2巻はそうでもなかったのでストレスに感じる部分がなかったかな(あくまでも個人的な感覚です)。

今回新たにグリペンたちのもとに参入してきた戦闘機・ファントム。とにかく我が強い戦闘機で、三人の戦闘機の中で最も強いだけあって、日本の危機を守るために出撃する際に全くといっていいほど連携をとる気配がない。そこで出した対応策が「ファントムに一騎打ちで勝利する」。勝利すればファントムには慧の指示に従うが、負けた時はファントムのパートナーにならなければいけない。このラノベ的なノリはいつみても面白い。どうせこの勝負勝つことになるんだろ? と思いながらも、勝利に至るまでの布石やら何やらがしっかりと散りばめられてるとたまらないんだよね。
そして、3巻への引きに唯一戦闘機たちの中で人間とパートナーを組んでいるグリペンに対する言及が。はたしてどんな秘密が隠されているんですかね。

あと最後に。グリペン・イーグル・ファントムの中だと、圧倒的にファントム推し。ファントムちゃん超可愛い。