読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

妹さえいればいい。

ガガガ文庫 ラノベ

妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)
妹バカの小説家・羽島伊月の周囲には、いつも個性的な連中が集まっている。愛も才能もヘビー級、残念系美少女のハイエンド・可児那由多。恋に悩み友情に悩み夢に悩む青春三冠王・白川京。鬼畜税金セーバー・大悠アシュリー。天才イラストレーター・ぷりけつ―。それぞれ迷いや悩みを抱えながらもゲームをやったり旅行に行ったり仕事をしたり賑やかな毎日を繰り広げる伊月たち。そんな彼らを温かく見守る完璧超人の弟・千尋には、大きな秘密があって―。『僕は友達が少ない』の平坂読が放つ青春ラブコメの到達点、堂々開幕!!





小説家主人公の周囲に同業者たちやイラストレーターを配置した作家ものと思って読んでたけど、所どころに何か恨みでもあるのかってくらい黒い発言が見え隠れしてる(汗)
中でも一番ビックリしたのが某社が出してる○○がすごいの集計方法への言及。主人公の羽伊月が小説かなだけあってリアリティーが凄くて胃が痛くなった。あの人気投票企画は、参加した側としてはただただ楽しく自分の好きなラノベに関して投票しただけなんだけど、まさかあんなことを言われるとは思わなかった。フリーダムな内容だなあ……
そもそも、作中のキャラクター同士でTRPGをし始めるラノベは思い浮かべた限り一つもないんだよね。ある程度TRPGというものがどういう遊びかというのはわかってたけど、実際にプレイしている姿を読んで「あっ、なんかめっちゃ楽しそう」って思えてくるくらい楽しそうにプレイしてた。
まあ、登場人物の個性がぶっ飛びすぎてて色々とカオスなゲームになってたけど……
そもそもすとーりーって何だっけ? って感じでただひたすらに面白かったそんな1冊でした。一応本線としては主人公の羽島伊月は生粋の「妹好き」であり、彼の弟の千尋には重大な秘密がある。この二人の関係に何かが起きれば話は進むんだろうけど、それは次巻の話だな