働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 3

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (3) (富士見ファンタジア文庫)
魔術競技祭後、学修旅行の行き先をクラスに告げたグレンは、男子生徒から神と崇められていた。その理由、ロクでなしを神とまで高めたその旅行先は…リゾートビーチで有名な離島。水着、お泊まり―。グレンに焚きつけられた男達は女子の露わな姿を求め、帝国軍顔負けの作戦を計画し…!?一方、男子を『馬鹿の巣』と揶揄するシスティーナは、ルミアの護衛員・編入生リィエルと仲良くしようとするも…リィエルはそれを拒絶。さらに、その不安定な心に付け入る男が訪れ―。生徒を惑わす闇を払うため、グレンの力が試される!





学修旅行というなの水着回はロクでなし魔術講師グレンによる策略。なぜ行先に選んだかって? それは近くに海があるからだ! 学修旅行の間の自由時間にクラスでも人気の高いシスティーナやルミアの水着姿を合法的に拝むにはこの行先しかない! こんなクズなグレンの思考には読んでる側としても「水着回あざーっす!」と感謝の意を表したいくらい。クラスの音も連中もグレンを神とあがめる姿に共感を持てたよ。カラーイラストにシスティーナとルミア(モノクロにも1枚)を描いてくれた三嶋くろね先生には感謝感謝

グレンのクラスに転入生として加わることになった、グレンの元同僚のリィエル。3巻のストーリーの軸には、リィエルの生い立ちとなぜこんなにも感情の機微が薄いのかについて話が進んでいきます。学園内で平穏な日常を過ごしていくパートでは、そんな彼女のぶっ飛んだ行動が修羅場を巻き起こして楽しませつつ、リィエルの生い立ちの真相に迫るにつれてシリアスな展開に入っていくという塩梅がよかった。

こんな感じにまぁ、ぶっちゃけ言うと今回はリィエル回となっていまして。グレンに好感を持っているヒロイン勢に新たにリィエルが加わることになりました。ツンデレヒロインのシスティーナとおしとは対照的におしとやかなルミア、そこにリィエル。いい具合に個性的なヒロインがそろってきたおかげで好みのキャラの票がわかれそうですね。(圧倒的にシスティーナ推し!)