読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

バグゲーブレイカー! 2 ~Lv99だけどまだ本気出してない~

オーバーラップ文庫 ラノベ

バグゲーブレイカー! 2 ~Lv99だけどまだ本気出してない~ (オーバーラップ文庫)
「微力ながら私もお手伝いしますっ!お、お供させてくださいっ!」『究極のバグゲー』と呼ばれるMMORPG「カ・ディンギル」の世界に転移したぼっちゲーマーのリクは同じくゲーム好きの少女、ハルカなどの協力によってゲーム内のラスボスを打倒する。元の世界に戻れるかと思ったのもつかの間、ゲームの世界はアップデートされ、新たなクエストが開放されていた。対人戦要素の追加や、謎のPKの出現なども噂される中、リク達は重要なクエストを達成するため特別なNPC「ナンナ姫」を仲間に迎えて冒険に挑む。「本気出したら凄い」主人公が、バージョンアップで新たな活躍!?






ゲーム内のクエストを達成するために向かった先で仲間に加わることになったNPC「ナンナ姫」。普通のNPCと異なり自分の意思をもって行動するキャラクターであり、リク達のパーティーに新たに加わることで波乱の予感があったり。風紀委員真面目系ヒロインのハルカの機嫌を損ねることになったり。厳密に言えばリク達とは異なり、NPCであるはずのナンナ姫が修羅場をなる展開が面白かったのもあるけど、ゲームの攻略が進むにつれて今後の進退を決めるとき、ナンナ姫がどういう結末を迎えることになるのかについても気になってくる。
そんなナンナ姫もNPCとしてのステータスは他のプレイヤーと劣らずに群を抜いて強く戦力としては申し分はない。けれども、『バーサーカー』のバッドステータスの存在のため、モンスターを目にすると暴走するためにダンジョン攻略は常に難局化。これこそが『究極のバグゲー』と呼ばれる由縁かっていうくらいにクソゲーでした。

今回も前巻同様にバグ要素を用いたボス攻略が用意されていて、これは前巻を読んだ人にとっては『なるほど今回はこれが使われるのか』といった感じでしたね。そうやって余裕ぶっこいて、たかをくくっていた自分も最後のあの展開にはしてやらた。かねてより問題となっていた魔族の討伐に打つ手がない状況をどうやって切り抜けるのかと思ってたけど『あっ、この要素が最後に絡んでくるのか!?』全く予想していなかった。

もっと細かく読み解いていれば「謎は全て解けた!」と言わんばかりに答え合わせができただろうに。エピローグを読んだら3巻への期待値も高まったので次巻も楽しみ。