働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉11

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉11 (MF文庫J)
記憶を取り戻したティグルはジスタート王国にて新年を迎え、因縁浅からぬ戦姫たちと感動の再会を果たす。また、彼はジスタート王に謁見し、思い描く未来の甘さを指摘される。ブリューヌに戻ったときろで残してきた巨大な武勲が、決して彼を以前と同じままにはしておかない。王の言葉に、ティグルの胸中は大きく揺らぐ。一方、ブリューヌ王国ではレギン王女暗殺が企てられるも、未遂に終わる。だが、事件はそれで終わりではなかった。陰謀の背後に見え隠れしていた隣国ザクスタンが、剥き出しの野望をブリューヌに向ける。故国の窮地に、英雄となった若者はいま、再び大動乱にその身を投じようとしていた―最強美少女ファンタジー戦記、新章突入の第11弾!





ジスタート王国全土に視野を広げても、貴族たちが納める領地と隣接する地域の戦姫と顔見知り程度が関の山。しかし、ティグルはこれまでの人生でエレンをはじめ数々の戦姫たちと修羅場を共にしてきた関係であるため、ジスタートの新年祭では貴族の誰しもが目を見張る光景を生み出す。移動手段の大半が馬である時代にジスタート全土に散らばる戦姫全員と交友のあるティグルの半端じゃない存在感を見せつけることに。果ては国王自らがティグルに謁見を求めることになったり、もうティグルさん半端じゃないっすわw
これまでジスタートの客将として扱われてきたティグルがブリューヌへ帰還した際のティグルの立ち位置に関して、じっくりと腰を据えての対談。これまでの功績を考慮したティグルの未来予想図。現実的に考えて話の内容にも筋が通ってたし、国王の語る内容がかなり的を射てて臨場感があった。

隣国ザクスタンとの一戦。ティグルの弓の技量が冴えわたっていて、「ティグルさんの弓は長遠距離から敵将を一撃必殺で仕留めてくれるところが痺れる」。この一手に繋げるまで、戦略的に敵陣営をどう攻め込んでいくのか。大局的な戦況の変化と、小局的な細かい戦闘のやりとりは読みやすかったし何よりも面白かった。

「リュドミラが表紙の回なら、今回はリュドミラをメインに据えたストーリーなのかな?」と思わせておいて、ことごとくリュドミラをのけ者にする始末。リュドミラが活躍するのは次巻から(だと思うんだけど)
次こそは彼女に出番を!