読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

聖樹の国の禁呪使い 3

聖樹の国の禁呪使い 3 (オーバーラップ文庫)
第八禁呪を習得し、なんとか巨人を討伐したクロヒコ。そんな彼の前に第6院出身であるロキアが現れる。身構えるクロヒコだが、ロキアはノイズ・ディースの話を切り出し―。「テメェは正しく道を間違えれば、最高の邪悪になれる可能性がある」ロキアの言葉が気になりつつも、マキナと四凶災との因縁を知ることになったクロヒコは、キュリエたちと共にシーラス浴場へ向かうことに。彼女たちのため、クロヒコはある行動を開始する。「見ていろ。ここからが―俺の手番だ」





禁樹使い・サガラクロヒコ、キュリエ・ヴェルステイン、セシリー・アークライトたち3人の関係性をフォーカスしつつ、聖樹騎士団をはじめとした第6院や四凶災の存在についての話題が中心ですかね。比較的に日常要素が中心で、温泉回であったのでサービスシーンもあり。

第6院出身のロキアがフラッとクロヒコたちの目の前に現れて抗弁を垂れる場面があり、常に物事の本質をついてるようなセリフが多くて共感する部分も多々あった。
悪役なのになぜかカッコいいロキア。そんなロキアも同じ第6院出身のキュリエが登場すると脱兎のごとく逃げ出して行ったりして、キャラクター同士の絡みが面白かったです。

クロヒコの禁樹については今回は一時休憩。その分だけ、キュリエとセシリーの二人の恋愛模様に新たな進展があったり、キュリエの学園での今後の身の振り方についての話し合いの場が設けられたり。
今回の内容には若干肩透かしを食らった感じではあるけれど、「たまにはこういうのもありか」と納得のいく内容になってました。

次回は異世界において存在が天災と呼ばれるほどに忌避された戦闘集団『四凶災』とクロヒコたちが衝突することは必然になりそう。波乱が起きることは必至。伝聞でのみ語られている『四凶災』の戦闘能力がこれまでに類を見ないほど強力な人物とあって楽しみ。