読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ポーション、わが身を助ける 1

ポーション、わが身を助ける 1 (ヒーロー文庫)
普通の女子高生・カエデは、獣人やエルフ、ドラゴンのいる異世界にスリップしてしまった。カエデは持っていたリュックサックに見覚えのない本があることに気がつく。本に書かれていたのはポーションの作り方だった。しかも「生成」と唱えるだけ。半信半疑だったカエデだが、試してみるとポーションが出来てしまった。異世界に放り出されたカエデにとって、それは生活を支える糧になった。出来たポーションが、結構な値で売れるからだ。いつか元の世界へ帰ることを望みながら、ポーションの支えもあって、異世界での生活を送るカエデ。とある一行との出会いから、生活は変わっていく。ドラゴンに遭遇したり、奴隷を買うことになったり…一人の女子高生の異世界での奮闘は続いていく―。





ある日突然異世界に呼び出された女子高生のカエデが、『アイテムの材料が書いている謎の本』を片手に日本へ帰還するための人物の情報を手掛かりに異世界ライフを送る。

アイテムの作成と言えば、まず原料となる素材を入手して、調合などの様々な過程を経ることで作成されるのが一般的。そんな常識も異世界に呼び出された主人公には通用しない!

ポーションを例に挙げると、原材料として薬草を用いて調合師の人間が作成するものである。そんなアイテムもカエデの能力の前では『そこら辺に生えてる雑草(無料)』+『ただの水(無料)』+『「生成」の言葉』。そしてそのアイテムを露店で売りさばいて暴利を貪る!!

慣れない異世界で世渡りが下手な女子高生のカエデが、異世界で知り合った様々な人間たちに協力してもらいながら生計を建てていく。そこからドンドン話の内容が広がっていくので、起伏に富んだストーリーになっていて飽きませんでした。

web小説作品のほとんどは、『風呂敷を広げるだけ広げる』っていうスタンスが多くて、ストーリーの終着点が見えずに永遠に続くイメージが多かった。
このラノベは、『カエデが異世界に飛ばされた真相を握る人物』が世界のどこかにいることについての言及がある部分が、これまで読んできたweb小説作品と一味違った感じですかね。
発売前に重版が決定するのもうなずけるくらい面白かったです