読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

モンスターのご主人様 3

モンスター文庫 ラノベ

モンスターのご主人様(3) (モンスター文庫)
エルフの女騎士・シランに連れられて、保護された学生たちとともに異世界人の砦へたどり着いた真島孝弘とリリィ。そこには第一次遠征隊の面々や孝弘の親友の幹彦もいて、異世界について多くの情報を得ることができた。一方、樹海に残されたローズ、ガーベラ、加藤真菜の3人は、孝弘たちのいる砦の様子を観察し続けていたが、突然、異変が起こり―「小説家になろう」発、モンスター娘たちと異世界を生きぬく大人気シリーズ第三弾!書き下ろし番外編では、今まで明かされなかった加藤真菜の胸の内が語られる。




ある日突然異世界に召喚された生徒たちが暮らしていた『コロニー』で起こった惨劇の後、各地に散らばった生徒たちと真島孝弘、リリィが合流を果たすことになる。ここにきて異世界の実情について明かされることになりました。

エルフの女騎士・シランをはじめ『なぜ異世界人は他人であるはずの生徒たちを保護したのか』『異世界が抱えている現状とは』の2点について掘り下げつつ、異世界人と学生たちの立ち位置についてじっくりと語りつくす、そんな内容になっていました。

チート能力を手にした生徒(子ども)たちが妙な正義感に駆られている状況と、そんな生徒たちを英雄として扱う異世界人の奇妙な関係。
読み終わってみると『異世界人たちと合流→情報収集』これだけで1冊が終了していたww
その分、『異世界人と生徒たちを客観的に見てどれだけ異質なのか』が丁寧に書かれていましたね。孝弘たちと別行動をとっているローズ、真菜、ガーベラの3人も例外でなく、ローズにいたっては『マジカルパペットの顔パーツの作成』を果たしているし。

表紙を見たときに一瞬「この美少女は新キャラなのか?」と思ったけど、身に着けている防具とその他のパーツからして「あああ!? これ、ローズか!」ってなりましたねww(表紙が最大のネタバレ)

モンスター文庫の中で好きな作品ベスト3に入れたくなるくらいにお気に入りのラノベですので、次巻の発売も楽しみです。