働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる 4

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(4) (ファミ通文庫)
綾音と距離をおくことを選んだ詩也。“素直な後輩”を演じる彼に綾音が動揺を隠しきれずにいるところへ、さらにいち子が、クリスマス公演は「チーム・デネブ」を脱退したカレナを客演に迎え、ダブルヒロインで行うと発表!演目は『エロスとプシケー』、神と人の恋物語。謎を秘めた詩也と正体を隠す愛の神エロスが重なり、綾音は演技が出来なくなってしまい―!?互いを想いながらすれ違う二人、それを見つめる赤い瞳の少女。彼らの想いが交錯する第4弾!!





オレが、吸血鬼だからです

高校生の肉体を保ったまま永遠の命を手に入れた詩也の秘密が綾音に明かされることになります。書店でこの帯を見たときは、「あー、とうとうここまで来てしまったかー」っていう感じでしたね。

吸血鬼の肉体を手にしたことでたびたび抑えようのない吸血衝動に駆られる場面では、「(人前で血を吸うわけにはいかない)」という意志のもと、綾音に対してきつくあたる場面がよくあった。

あれはつらかったよ。もうはたから見たらあの二人が楽しそうにしている姿が一番キャラクターとしても輝いてるし、ハッピーな感じがよかったんだけど、『詩也が吸血鬼』っていう要素が最大の壁になって、距離が近づいたと思ったら現実に引き戻される感じが切なかった。

なんかあれだな。このラノベ然り、野村美月はとりあえず、「実際に読んで見て肌で感じろ!!」って言ったほうがいいのかな? 僕なんてこれを読みながら、「この二人のすれ違いがもどかしい!!」「綾音さんなら吸血鬼でも受け入れてくれるはずだ!!!」「いいから、お前らの甘い雰囲気見てると胸焼けするよ!!」みたいな感覚に見舞われるくらいに最高の学園青春ものでした。

紆余曲折あった詩也と綾音の関係も一つの大きな転機を迎えることになった4巻からの5巻に期待。