働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

新米社長のパーフェクトゲーム3 闇を託された聖女

新米社長のパーフェクトゲーム3 闇を託された聖女 (HJ文庫)
ラウドリア王国での一件を経て、さらに経営規模を拡大させた“ROL”。必然的に扱うリキッドの量が増えたため、アレックスはリキッドを輸送する大型タンカーの建造を急ぐが、政治的な圧力により計画は暗礁に乗り上げてしまう。そこでアレックスは諸悪の根源である合衆国の州知事を、手下の議員80人もろとも失脚させるべく、反転攻勢へ打って出る!!





世界をまたにかけて企業経営を取り仕切る主人公と、そんな彼の人脈、知謀、武力をもってして悪を懲らしめていくストーリー。頭脳明晰だけでなく、人間が搭乗する兵器『レギオンフレーム』を駆使した戦闘能力に関しても、傭兵として活躍していた頃の経験と才能で敵を圧倒する姿が痛快。

新米社長の祈願である『ハーレムの形成』は一国の王女に始まり、道行く先々で出会った美少女たちとの縁をきっかけに徐々に親交を深めていき、窮地を救っていくことで惚れさせる。「これだけの才能があってカッコいい人なら惚れても仕方がない!!」と思えるキャラクターだから認めざるをえない。まあラノベだけあってベッドシーンは皆無なんで、「で、結局どの女には手を出したの?」
って言われると、「まだ誰ともことを起こしていない(汗)」

企業経営者同士の知略を張り巡らせたバトルだけあり、渦中にいる人物同士の命のやり取りも多々見られます。そうなってくると、『自分の身内を人質にとる』という行為が最大の交渉のカードにもなったりします。人脈があれば自分の手を患うこともなく、電話ひとつ「やれ」と指示が下れば実行できる状況。相手の考えを読みぬいて目の前の窮地を切り抜ける一手が冴えわたっていて、読んでいて思わずハラハラしてしまいました。HJ文庫の中ではオススメの1冊です