読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

異世界の役所でアルバイト始めました 3

異世界の役所でアルバイト始めました(3) (モンスター文庫)
異世界の役所でアルバイトをする高校生の藤原総司。ある日、総司は住民課の依頼により、同僚のフィリアとともに、ウルリーネ村へ出張する。そこは、彼女の生まれ故郷だった。その村で、総司はフィリアがある悩みを抱えていることを知る。彼女は魔法が一向に上達しないことを悩んでいた。偉大な魔術師だった父と自分を比較し
落ち込むフィリア。そんな彼女を励ますため、総司は彼女がずっと行きたがっていた妖精と精霊の町・パラケルススに行くことを提案するのだが―。「小説家になろう」発、大人気異世界お仕事ファンタジー、待望の第三弾。書き下ろしの間章「少年と占い」では、「今年中に結婚できるかどうか」を占うヘリオドールの姿が描かれる。





婚期を気にするヘリオドールさんマジぱねぇ!
異世界に存在する呪いを使ったこっくりさん
ヘリオドール「私は将来結婚できますか」→いいえ
知ってのとおり、こっくりさんはコインに指をかざして自分が占ってほしいことを唱えるとそれに沿ってコインが『はい』もしくは『いいえ』に動くもの。それを「させるかぁぁぁぁぁぁぁ!!!」と叫んでパワープレイでコインの動きを抑え込むヘリオドールさん。
「私がこの占いをやると毎回こうなるのよね(しれっと)」都合の悪いことには目をつぶる残念系ヒロイン。表紙でも異世界での服装も色気の欠片が見えないダサい服装だし、性格はこんなんだから完全にボケ担当を突っ走ってる。異世界の役所内でも周知の事実ってところも残念っぷりに拍車がかかってる。
容姿に関する客観的な評価がかろうじて美人認定を受けてるうんだからもう少し女子力磨こうよ。

ソウジの性格がきわめてマイペースなだけあって、それに翻弄される形でヘリオドールさんが暴走している姿を安定して安定して楽しめるラノベでした。