働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

この素晴らしい世界に祝福を!スピンオフ この素晴らしい世界に爆焔を! 3 ふたりは最強!のターン

この素晴らしい世界に祝福を!スピンオフ この素晴らしい世界に爆焔を! (3) ふたりは最強!のターン (角川スニーカー文庫)
「上級魔法を習得してこそ一人前。爆裂魔法はネタ魔法」―そんな紅魔の里の教訓とは裏腹に、爆裂魔法を習得した“紅魔族随一の天才魔法使い”めぐみん。駆け出し冒険者の街・アクセルにたどり着いためぐみんは、さっそく仲間を探すことに。しかし、爆裂魔法しか使えない彼女を仲間にするパーティーはなく、一方でめぐみんの自称ライバルであるゆんゆんも、同じく毎日ひとりぼっちで―。めぐみん&ゆんゆんファン待望の第3巻!!





ゆんゆん&めぐみんが紅魔の里から旅立ってたどり着いた、駆け出し冒険者の街・アクセル。主人公のカズマと女神アクアとの出会うまでの物語を書いた外伝も3巻でついに完結。
人見知りでボッチ気質なゆんゆんのコミュ障エピソードも、多くの冒険者たちが集う街のギルド会館で真価を発揮してて爆笑必至。
パーティーを募集するにしても必ず見ず知らずの他人とコミュニケーションをとらなければいけない状況になってゆんゆんのとった行動のすべてが完全に残念過ぎて、読んでいて腹筋が痛くなるww
めぐみんと絡んでいるときは常識人キャラ然としているのに、ソロになった途端にポンコツになるところが可愛いよ。めぐみんあってのゆんゆんだったんだね。


一方でめぐみんはというと、コミュニケーション能力に関しては(めぐみんと比較するのもあれだけど)申し分ないくらいに無難にこなしていましたね。紅魔の里出身の魔法使いの戦闘能力の高さは冒険者の間で周知の事実であることから、開幕から期待の新人として他のパーティーに同行するほどの需要の高さ。だけどまぁ、『1日に1回しか使えない爆裂魔法しか使えない』『魔法を使ったら行動不能』の短所を知らされたときのパーティーメンバーの反応が……(こんな使えないやついらねぇ)
「お、おれらとめぐみんだとパーティーレベル的に釣り合わないから」慎重に言葉を選んだようだけど、ようはお前いらねーよということ。

そして次第に広がる「紅魔の里出身のヤバい魔法使い」の存在。募集掲示板から消される『魔法使い募集』の張り紙。なにからなにまでズレた方向に事が運んでいくところが笑いのツボだな。最高のギャグラノベだぞこれは。