働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

オレと彼女の萌えよペン 3

オレと彼女の萌えよペン (3) (富士見ファンタジア文庫)
第一印象は最悪。美少女&巨乳フェチな萌え漫画家・生駒アギトとコンビを組んで漫画を作るなんて出来るわけないと思っていた俺が、見事連載を勝ち取り、無事第一話を完成させた。最初は『先生』なんて呼んでたけど、今では「お疲れ。ま…茉莉」と呼び捨ての関係に。すべてが順調に思えていたが、未だに俺は『萌え』を分かっていないらしく、追い討ちのようにネットで茉莉のコンビとして俺はふさわしくないという書き込みを見てしまい…。落ち込む俺の姿を見て茉莉は修学旅行先の沖縄でラブコメイベントを直々に教えると言い始め!?露天風呂、ビーチ、そして二人きりの夜…。どういうこと!!




鈍感すぎるよ君島くん! 君が何気なく放つセリフのひとつひとつに「他の女とイチャイチャしやがって!!」とやり場のない嫉妬心にイライラしている人物がいることと、すでにフラグが建っていることに気づくべきだ!

わかりやすいまでの生駒アギト先生のリアクションと偶然をよそおった『君島泉、同期デビューの作家たちとの懇親会』の尾行。
同期デビューといえば同人作家からデビューした巨乳お姉さんキャラのムラサキさんやコミュ障ボッチ体質の一ノ瀬白雪などのヒロインがいるわけでして。
このラノベを読んでいると、「生駒先生、別に彼女じゃないですよね?」と疑問に思う場面がちらほら見受けられる。でもここまで君島くんの女性関係に目を光らせる生駒先生がマジ可愛い。

ブコメオンリーなラノベだからメタな視点で見ると「まっ、どーせ生駒先生とくっつくんだろ?(知ってる知ってる)」と思っちゃう。けれどもヒロインが困っているときには真摯に悩みを聞いてあげて、マンガ製作にかける情熱同様に熱く語る主人公がここぞという場面で見せるシーン。ベタだけどいいラブコメ作品。あとはオタリア同様に、後半に差し掛かるにつれてどんな修羅場を迎える事態に直面するのかが楽しみだったりする。