働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ストライク・ザ・ブラッド 13 タルタロスの薔薇

ストライク・ザ・ブラッド (13) タルタロスの薔薇 (電撃文庫)
多発する船舶と航空機の事故によって輸送経路を閉ざされ、孤立する絃神島。そんな中、人工島管理公社の要人が次々に暗殺されていく。一連の事件の首謀者は“魔族特区”破壊集団タルタロス・ラプス。謎に包まれた彼らの攻撃により、絃神島はかつてない危機に陥っていた。そのころ暁凪沙は、アヴローラの魂による精神の侵蝕に苦悩していた。古城のことを妙に意識して、普段通りに振る舞えない凪沙。たまらず学校を抜け出した凪沙は、ディセンバーと名乗る不思議な少女と出会う。彼女こそがタルタロス・ラプスのリーダー。そして彼女には、第四真祖すら圧倒する特別な能力が―!世界最強の吸血鬼が、常夏の人工島で繰り広げる学園アクションファンタジー、待望の第十三弾!





本土から遠く離れた位置に存在する絃神島。魔族テロの多発によって、空路と海路が完全にシャットアウトされる。突如現れた破壊集団タルタロス・ラプス。当初は絃神島を管理するアイランドガードの案件で自分は蚊帳の外だから平和な日常を送ろう……そう思っていたはずの第四真祖も、気が付けば騒動の渦中。ここまで完全にテンプレート。展開の進め方といい、この自然な流れでキャラクターを動かして話をもっていくところが安定感があるから素直に楽しめる。

第四真祖・暁古城&剣巫・姫柊雪菜のコンビ視点からは一般人にしか映らない新キャラも視点が変わると実は悪役キャラ。社交性のある悪役だけあって、初見だと絶対に魔族テロの発起人だとは思わないよww 巻末でバトルすることになりそうなキャラクターが再び邂逅するまでのストーリー。これがベテラン作家かの風格。

相変わらず正妻ポジションが板についている第四真祖の監視役(ドヤ顔)の雪菜はやっぱり正妻だった。「お前ら付き合ってるのか!?」って突っ込みを入れたくなるほど二人が一緒に行動するのがテンプレーになってるww
「先輩の監視役ですから」「やっぱり私がついていないとダメですね」これが正妻の余裕か!! それでいて古城が浮気? をしようとすると鉄拳制裁が下るあたりもまさしく正妻。
一応は女子中学生って扱いだけど、ときどき見せる天然で純粋な部分(コンピューターウイルスを病原体と勘違い)と古城に血を分け与えるときに見せるエロさが釣り合っていないよ。こんな女子中学生がいたら校内でファンが生まれるのもうなずけるね。