働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

結局、ニンジャとドラゴンはどっちが強いの? 2

結局、ニンジャとドラゴンはどっちが強いの? 2 (MF文庫J)
人々が竜人の支配に怯える大陸で、圧倒的な剣技とシノビ特有の異能“忍法”で氷竜を倒したサビトは、運命共同体となった少女剣士メルと竜を狩る旅に出ていた。訪れた街ナトゥアで、メルはウェイトレス、サビトは兵士団として離ればなれで次の敵の情報収集をすることに。分かったのは、3年も竜の襲撃が絶え、兵士ですら緊張感を欠くこの街の異常さだった。メルが黒髪の同僚、シノと仲良くなる程には街に馴染み始めた頃、次の竜の手がかりとなりそうな“神隠し”の噂を耳にするが…?街を覆う偽の平和が破れるとき、ニンジャが立ち上がる!「いいじゃないですか、久し振りなんだから」人類反抗バトラブ活劇第2幕、サビトと会えないメルの不満爆発でラブも爆発!?





忍者サビト&少女剣士メルの事実上の結婚。メルのもつ回復魔法を行使するためとはいえ、出会ってすぐに親密な関係になってそのままゴールインするとは、なんともうらやまけしからん。性格、容姿ともによくてここまで積極的にアプローチをしかけてくるメルの攻勢をさらりと受け流していくサビト。
その結果、旅の道中で夫婦喧嘩をしてしまいなんともいえない空気に……。まあ根っから嫌っているわけでないためそこまで深刻になることもなく、むしろ『これだけサビトのことが好きなんです!!』な甘々な雰囲気をまざまざと見せつけられて、思わず嫉妬の炎に身を焦がしたり……

いやー、それにしてもこの作者さんの書くキャラクターはどれも魅力的で、メインキャラクターのサビト&メルにスポットが置かれている時間が長い分、いろんなアングルからキャラクターの性格が表れてきますね。

今回で言うところだと、新キャラクターでありサビトの里の次期頭領候補と目されるアトリ
でしょうか。何の因果か、アトリとメルが同じ職場でアルバイトをしたことがきっかけで親密な関係になることになります。むしろ仲良くなりすぎて軽いユリ展開にまで発展。暗殺や諜報に特化したシノビだけあって、他人を誘惑するための魅了の手管はまさにプロの所業。これまた何の因果か、アトリの魅了術の毒牙がメルに牙をむくことに。
普段は騎士然として凛々しい態度をとるメルが快感に身をゆだねてネトラレ展開に発展しかけたときは、「やっぱりメルには淫乱属性があるんだな(知ってた)」といった感じで楽しむことができました。こんな感じでメルやサビトの意外な一面や魅力的な部分がアトリによってドンドン開拓されていて、あらためてキャラクターの作り方が上手いなーと思いました。