働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

虚構戦役の戦導師<アンシミュレイテッド・インキュベーター> 3 (完結)

虚構戦役の戦導師<アンシミュレイテッド・インキュベーター> 3 (MF文庫J)
鳳楽や怜王との対立を乗り越え『LoR2』の世界をクリアした帝輝らは、シリーズ初期三部作のラスト『LoR3』の世界へ辿り着く。今度も最初からクラスメイトは揃っており、攻略への士気も高い。だが、今回のイレギュラーは―ロード回数が0。もはや一度として失敗は許されない緊張感の中、帝輝らは仲間との絆で攻略を進める。並行して、現実世界に戻った時のためにギフト開発を始めるも、悪意ある存在の謀略の手が伸び…?「俺たちの絆は最強で、最高だ」そうして、少年たちは神弑しに挑む―!クラスメイト育成型・仮想世界召喚戦記ファンタジー第三弾!




クラスメイトたちは無事に『LoR』の世界をクリアすることはできるのか。さらにその先で待ち受ける墜落する飛行機を食い止めることができるのか。問題が山積みになっている状況で突如現れたゲーム側の刺客『イレブン』が、さらにデスゲームの世界を波乱に巻き込む演出をしてくれてかなり緊張感のある1冊に仕上がっていましたね。徹頭徹尾無駄のないストーリーでなおかつテンポよく話が進んでいくので、読んでいて気持ちがいい。

1巻の頃は突如としてクラスメイト全員が戦略シミュレーションゲームの世界に巻き込まれて右往左往していたのがなつかしい。既存のゲーム(LoR)の世界ということで、このゲームを細部までやりこんだ主人公にとっては息をするように楽々クリアできる内容でも、ユニットが感情をもった人間である点と二次元から三次元的な戦闘へ変化した点、さらに一度死んだら復帰不可能というところが目を引くような面白さ。(セーブデータのロード回数に制限があり基本的に死んだら蘇生させる魔法は存在しない

数々の死線を潜り抜けてきたクラスメイトたちとの団結力が強くなるにつれて、戦場で交わされる粋なやりとりと熱い友情がたまらなくカッコいい。クラス内カーストなんてものはすべてぶっ壊して、全員が協力しなければクリアできない状況の中で、『LoRのクリア』『飛行機からの脱出』に全力をかける姿。クラスメイト全員の名前は把握しきれないほど多いけど、基本的にグループごとに行動をしており、『不良グループ』『女子グループ』といった感じである程度なら振り分けることができるので、「名前が覚えられない」という部分は全然問題になりませんでしたね。
個人で行動するような真桜や椿姫たちは個性がよく出ているのですぐに覚えられるというか、主人公の帝輝の周りを取り巻くハーレムメンバーは登場シーンが多く、戦局を大きく動かすほどの強力なユニットとして活躍しているので記憶に残りますww