読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

下読み男子と投稿女子 -優しい空が見た、内気な海の話。

ラノベ ファミ通文庫 オススメ

下読み男子と投稿女子 -優しい空が見た、内気な海の話。 (ファミ通文庫)
平凡な高校生の青は、実はラノベ新人賞の下読みのエキスパートだ。そんな彼は、ある日応募原稿の中に、同じクラスの氷ノ宮氷雪の作品を見つける。“氷の淑女”と呼ばれる孤高の少女が、フォント変えや顔文字だらけのラノベを書いて投稿している!?驚く青だが、その後ひょんなことから彼女の投稿作にアドバイスをすることに。評価シートに傷つく氷雪をあたたかく導き、世界観、キャラ設定、プロットと、順調に進んでいくが…。爽やかな青春創作ストーリー!





ラノベ新人賞下読みエキスパートの主人公とラノベ新人賞投稿者の氷ノ宮氷雪の出会い。お互いの趣味を共有することで生まれる二人だけの時間。放課後は毎日のように氷ノ宮が投稿する新作に向けてのプロット作りと改稿作業をする日々。ひょんなことがきっかけで出会った二人であったけど、これまで“氷の淑女”として周囲から距離を置かれていた氷ノ宮と接していくうちに、彼女が本当はさびしがり屋だということに気づかされた瞬間といったらもうたまらん!

普段はクールな表情でいっさいの隙がない彼女でも、唯一ラノベの話ができる主人公の前では一人の女の子になるところが可愛い! 内気で友達付き合いになれていない氷ノ宮が「私にラノベの書き方を教えてください!」と訴えたときのイラスト。ほんと氷ノ宮はラノベが好きなんだな……こんなにもラノベに情熱をもっているラノベヒロインなんていままで見たことないよ(笑)

周囲のクラスメイトたちからは「氷ノ宮だけはやめておけ」「アプローチするだけ無駄だあきらめろ」と再三にわたって指摘を受けていたにもかかわらず、『氷ノ宮さんは本当は普通の女の子』ということをクラスで唯一知っている主人公。このままいけばこの二人は間違いなく両想いの関係になるとわかっていても、気持ちが通じ合った瞬間のニヤニヤを抑えることはできないぜ。

ある日、授業が終了したと同時に氷ノ宮を教室の外に連れ出して主人公の行動がクラス内に波紋を呼び起こすことに。周囲からも「とうとうやったかww」といった感じのリアクションではあったが、いざ教室に戻ってきた二人の反応はどちらも赤面状態。
「あの氷の淑女が赤面してるだと!!」いやいや、このときの感動といったらもうね。「自分だけが知る本当の氷ノ宮さん」を男子生徒の前で語る主人公のリア充っぷりがもう果てしなく爆発しろですよ。
これだけ心温まる恋愛模様を書き上げる野村美月はやっぱり神ですな