働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ありふれた職業で世界最強 1

ありふれた職業で世界最強 1 (オーバーラップ文庫)
“いじめられっ子”の南雲ハジメは、クラスメイトと共に異世界へ召喚されてしまう。つぎつぎに戦闘向きのチート能力を発現するクラスメイトとは裏腹に、錬成師という地味な能力のハジメ。異世界でも最弱の彼は、あるクラスメイトの悪意によって迷宮の奈落に突き落とされてしまい―!?脱出方法が見つからない絶望の淵のなか、錬成師のまま最強へ至る道を見つけたハジメは、吸血鬼のユエと運命の出会いを果たす―。「俺がユエを、ユエが俺を守る。それで最強だ。全部薙ぎ倒して世界を越えよう」奈落の少年と最奥の吸血鬼による“最強”異世界ファンタジー、開幕!書き下ろし番外編「勝率0%の戦い」収録!





いじめられっ子の南雲ハジメ、クラスで唯一ハジメに声をかけてくれる美少女白崎香織、ダンジョンの奈落に突き落とされた先で出会った吸血鬼のユエ。ハジメに少なからずの好意を抱いていた白崎香織がハジメの身にふりかかった災難を知ったときの嘆きようが頭から離れない。なろうから書籍化されたタイトルだけあって、ストーリーの内容の密度が半端じゃないくらい濃い。もともとWeb版でも人気を博していたのかどうかは知らないけど、1巻からこの飛ばしっぷりはズルい。鈍器並に分厚いしページの隅々まで文章を書き連ねてるのに全然苦にならない。発売後に重版がかかるほど人気が出たのも納得。


これは個人的な意見だけど、『ダンジョンの地下深くに落ちた地下に進めば進むほど強力なモンスターが現れる主人公はなんとか窮地を切り抜ける』までの流れがあったらその先は、『ダンジョンの上層へ向かってクラスメイトと合流する』が正規ルートだと思うんですよ。しかしそこで、『上層への道は完全に閉ざされている。最下層に行けば最上層までの道があるはず』という方向に進んで行って、なおかつそこにページ数を全て割いていくあたりがすごいと思った。僕はもう完全に前者のルートを辿っていくと勝手に予想してたけど、良い意味で期待を裏切られた(笑)

もっとも『ダンジョン探索中に奈落に突き落とされる』の時点で既に予想を裏切られてたんだけどね。あのシーンは経験則上『落ちたと見せかけてすぐに復帰するパターン』だと思ったのに、まさか本当に落ちるとは。もう『文庫サイズにきれいに納める』とかそんなのを度外視にして書きたいことを書きまくってるところがなろう書籍の好きなところですね。