読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

魔王軍の軍師はじめました 3

魔王軍の軍師はじめました3 (講談社ラノベ文庫)
代行者の罠を打ち破り、魔王の義妹・マラクを取り戻し魔王軍の再興をさらに進めた軍師・壬生頼光。ルキフェルとの絆も深まり、さらなる再興を進めるべく会議を重ねている中で、魔王軍のメンバーを探るものたちがいることに気がつく。ついには頼光に接触してきたところを捕らえると、彼女たちはこちらの世界の異形―狐の妖怪で、何やら頼みごとがあるようだ。しかし群しい事情を話してくれない。何故かを考えていると異形を統べる存在が現れて―!!ルキフェルと頼光が離ればなれに!?かつてない危機を迎える魔王軍を、頼光の智恵は救うのか!?魔王軍再編ファンタジー第3弾!





壬生一家の若頭である本作の主人公・壬生頼光と異世界の魔王ルキフェル陛下とその配下たち。魔王軍を束ねるルキフェルを含めた軍勢の戦力は十分なものを有しているが、いかんせん戦略を組み立てるほどの策略家が欠落しているのが唯一の弱点。そこに人間である壬生頼光が加わったことで、十分な戦力と戦略を建てる人材を確保して最強の魔王軍が完成……というのがこれまでの流れ(刊行まで長い期間が空いたので自分のなかでも整理しておこう)

3巻にして最大のピンチ、魔王ルキフェルの不在と魔王軍壊滅の危機。魔王軍で唯一難を逃れることのできた壬生頼光がこの状況をどうやって打破していくのかが最大の見どころ。壬生頼光が自分のことを一捻りで殺せる(戦闘力では魔王と同等)敵を目の前にして冷静に現状を分析して策を遂行していくシーン、敵の戦略を看破して自軍の勝利に繋げていくまでの道筋が完璧すぎて凄かったですね。起こりうる可能性のすべてを考慮できているのか、突然の事態にも平静で対応しているところとかマジイケメン。数々の困難を乗り越えて無事にルキフェルを救出したときの再開シーン。そこから始まるラブコメごちそうさまでした。