読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ヴァンキッシュ・オーバーロード 04 魔王君臨

ヴァンキッシュ・オーバーロード 04 魔王君臨 (MF文庫J)
才能が因子という形で具現化して全てを決める時代―『覇王因子』の力により覇王となった少年・桐生将人は、仲間たちと共に追いやられた外郭で、家族を取り戻すことを決意。偽王による騒ぎなどを経て外郭を支配する冥王、英雄、女王といった『王の因子』所有者たちとの『王の連合』を結成し、魔王への反攻を試みる。一方、魔王こと岳汐サナギは、将人の妹であるりんごに自らの正体を明かし、彼女の動揺を誘う。そして、語られる将人とサナギと桐生家にまつわる因縁。はたして将人は、史上最悪の『魔王』を打ち破ることができるのか―覇道のサバイバル・アクション第4弾!






旬が完全に過ぎてしまった新刊にとうとう手を付けた矢先に最終巻のお知らせをくらうことになるとは……、もっとはやく読んでおけばよかったと後悔の念にかられますね。ストーリーとしても手堅くきりの良い終わらせ方もあり、魔王による因子の略奪と魔王に対抗するべく結成された『王の連合』との最終決戦も、手に汗握るバトルの応酬が楽しめて良かったです。
それでいて、主人公の桐生将人の『覇王因子』のもつ『相手を奴隷にする能力』という絶対服従を可能とする圧倒的力。こいつに『MF文庫』からの刊行となれば、いやがおうにもハーレム展開に対してのイメージがついてしまう。魔王 VS 覇王のバトルも見どころではあったけど、覇王とその従者たちとの関係性が魅力的。
覇王自身は『相手を奴隷にする能力』を除けば、身体能力も軒並み一般人程度しか無い状況にも関わらず、従者たちとの信頼関係を気づいていく中でとる連携には『奴隷』を超えたものがある。覇王として君臨する桐生将人のもつ『覇王因子』を抜いたカリスマ性というか人間性が従者たちとの信頼関係を気づいたんでしょうね。
ヴァンキッシュオーバーロードは完結してしまいましたが、機会があれば次の新作も買ってみたいと思います。