働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

魔剣戦記 3 ~忘却の嶺花に捧ぐ名は~

魔剣戦記 3 ?忘却の嶺花に捧ぐ名は? (オーバーラップ文庫)
異世界軍事シミュレーションゲーム“魔剣戦記”の世界に転移してしばらく。スルト軍侵攻を無血完勝に導いた少年軍師・竜基は北アッシア城へと居を移した。記憶をなくしたクサカ、イズミへの手掛かりを探る中、西の山脈へと赴いていた少年軍師の元に予期せぬ情報が舞い込む。王都軍侵攻が始まったのだ。戦況が悪化の一途をたどる中、絶望の淵に立つ、神算鬼謀の軍師と亡国の王女…竜基の起死回生の一手は!?圧倒的スケールで贈る、「小説家になろう」発の異世界ファンタジー戦記、興奮加速の第3巻!





「軍師」「王女」「魔剣使い」役者は集い、更なる功名を求め、知将は進軍す!!
最高の軍師・竜基、王女・アリサ、魔剣使い・ライカ&ガイアスを要するアリサ軍の猛攻。幾度となく戦いの舞台に身を置くことになるのは承知していたけど、心のどこかではメインキャラクターは死ぬことはないんだろうな……と、たかをくくっている部分があっただけ、今回の王都軍の侵攻を無事に乗り切ることができるのか心配でしかたがなかったです。
あれ、この状況どう考えても詰みじゃないか? 一騎当千の力をほこる魔剣使いではあっても、超人的な身体能力だけでは補え切れない部分もあるし、アリサ軍よりも王都軍の兵数のほうが圧倒的に上回ってるうえに、 竜基のとった作戦のなかにこの窮地をしのぐ策がないのは明白……まさに絶対絶命!
日本という平和な世界で生まれ育った主人公は誰も死なせることなく無事に生き残れるのか。平和な日常生活のなかでのアットホームな雰囲気でキャラクターに愛着がわく分だけ、キャラクターが命を落としそうになったときの緊張感が半端じゃなかったです。