読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

魔法戦争X

魔法戦争X (MF文庫J)
とある出逢いをきっかけに、魔法使いになった七瀬武は、過去の世界で大切な物を手に入れ、そして失った。龍泉寺和馬の今際を看取った彼は、“フェニックス財団”の力を借り、現代に和馬として目覚める。武は、魔法社会を一から作り直すため、周囲に気取られないよう“トレイラー”の頭領として活動していた。一方、“ウィザード・ブレス”である自分と武のために戦いたい自分、二つの相容れない立場に悩む相羽六は一度は取り戻した兄との関係を絶つことを決意するのだが…?これは、別れた世界に生きる少年少女の運命…現代・本格魔法アクション第十弾!闇を殺せ―





もういつ発売したのかすら覚えていないくらい積んだままだったけれども再び読み進め始めました。ジャンル:本格魔法アクションの名にふさわしい壮大なスケールを描いた魔法戦争。もうウィザード・ブレス VS トレイラーの勢力はどちらが悪か正義かなんて簡単な物差しで測れないくらい複雑になってきた感じですな。久しぶりに読んだのもあって、大勢の人間が関わってくる魔法戦争のなかで誰がどこに属しているのかわからなくなることもなかったですね。トレイラー側の人間に動物の名前が含まれている点と、ウィザード・ブレス側の人間の名前に漢数字が含まれている点には助けられました(笑)

ストーリーがいったいどういう方向に収束していくのかが全く予想がつかないほどにスケールがデカくなっているために、1巻に収まらないレベルになっているところが話のキレを悪くしているように思えるけれども、そんなもんは『これからも魔法戦争を読み続けるんだ!』という思いがあれば解決しそう。全体的にストーリーの起伏が薄くて印象に残りづらくはあったけども、全体の流れを記憶していれば次の巻を読むのに苦労はしない。とりあえずまだ手元に次巻が残っているので、時間があればこの積み本もはやく処理したいですね。時間があれば……