働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

魔弾の王と戦姫 12

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉12 (MF文庫J)
ブリューヌ王国に侵略したザクスタン軍を撃破するため、月光の騎士軍を結成して、その緒戦を勝利に導いたティグル。王都ニースで戦況を見守る王女レギンの下を訪れたが、王宮は謀略の渦巻く魔窟となっており、凶悪な魔手がティグルに忍び寄る。戦場の敵はザクスタン軍だけにとどまらず、因縁の深いあの男の登場により、ブリューヌの地を舞台とした戦乱は、新たなる局面を迎えることに。一方、ジスタートでは新たに煌炎バルグレンを継承した戦姫フィグネリアがヴィクトール王に謁見していた。幾つにも重なり合う陰謀と戦いを目前に、英雄となった少年は、戦友たちと共に未曾有の混乱を収束させることができるのか―大ヒットの最強美少女ファンタジー戦記、急転直下の第12弾!





魔弾シリーズで登場するブリューヌ、ジスタート、ムオジネル、ザクスタン、アスヴァールの5国の動向がここに来て佳境に突入。各軍勢がそれぞれの思惑を胸に動き出して激しい戦いを繰り広げることになりましたね。
ティグルを要するブリューヌ国とエレンを要するジスタートの混成軍の功績に対する褒賞を受け取り政治的体裁を保つために訪れたブリューヌの王宮。ブリューヌの伝統を重んじる重鎮たちのティグルに対する策略に巻き込まれる展開には一番ハラハラしました。
ティグルの本領を発揮する場面は戦場における遠距離からの正確な弓の一撃であって、刀剣による白兵戦に持ち込まれたらかなりきつい戦いになると思うんですよ。とくに今回は王宮内といった限られた空間からの襲撃が密かに企てられているとあって、下手をしたらここでティグルは死ぬことになるのではないか? と憶測を建てたくもなる絶望的なシチュエーション。
しかしそこはブリューヌ、ジスタート両軍のベテランたちがきな臭いにおいを王宮内の雰囲気から窮地を察することで未然に防ぐことができて本当に安心した。魔弾シリーズの肉付けされたストーリーは本当に面白いです。戦記ものというジャンルであるため、ティグルを支える人物が殺される場面も起こりうるのが作品のなかにリアリティーがあってハラハラする一因になる。
ティグルに弓の力の秘密はもちろんのこと、この魔弾シリーズが今後どういう展開を迎えることになるのか最後まで読み続けたいです