読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

アルティメット・アンチヒーロー 3 東方大征伐

アルティメット・アンチヒーロー3 東方大征伐 (講談社ラノベ文庫)
その日の東京生存圏は、戦勝記念祭のため、いつになく活気に満ちあふれていた。そして同時に開かれる、新東京魔術学園の文化祭。本来は神すら従える大魔術師でありながら、とある事情によりこの学園の実習小隊に配属されている神代焔も、珍しく張り切った様子で参加していた。だが、その喧噪はあっという間に打ち破られる。東京湾に迫り来る軍艦。それは《大天使》ミカエルを旗頭とした、《統一世界政府》による、新たなる世界秩序を生み出すための《東方大征伐》の始まりだった。さらに、栞のもとにミカエルの魔の手が迫り――!? いずれ救世主と全ての人間に讃えられる少年が紡ぐ、敵も味方も誰一人ついて行けない常勝無敵ファンタジー第三弾!





《邪神使い》神代焔、東京生存圏 VS《大天使》ミカエル、統一世界政府、聖導教会による世紀の一戦がとにかく熱い!
邪神使い=悪魔を使役する人類最強かつ最凶の力をもつ神代焔を取り巻く現状。世界をいとも簡単に破滅に導く力をもつがゆえに、周囲の人々の恐怖の対象になり心無い言葉を浴びせられるなかでも、《邪神使い》神代焔の本当の姿を知る数少ない仲間たちと支えあう姿がグッとくる。
《聖導教会》という肩書から、人類にとっての正義の味方は《聖導教会》に所属する人間たちだというのが固定概念でもあり誰もがもつ共通認識。しかし、ストーリーのなかで正義を振りかざして非情な行いをする腐った人間たちが、自分たちこそが正義で《邪神使い(=悪魔の力)》を身に宿した貴様こそが悪だ!! という盲目的なクズを焔が打ち破ったときの爽快感がすごくいい。
現状、世界の救世主的存在である《聖導教会》が極端なくらいに悪役に徹してくれていて、腐っても膨大な戦力をほこる《聖導教会》と神代焔の間に存在する絶対的なまでの戦力差がこの世紀の一戦に緊張感が凄かったですね。ダークヒーロー神代焔の生き様がカッコいい!