読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

あれは超高率のモチャ子だよ!

角川スニーカー文庫 ラノベ

あれは超高率のモチャ子だよ! (角川スニーカー文庫)
「あたしたちのモチャ子が爆発しました!」ユイ(のアホ毛)は激怒した。おれは、配当局の邪智暴虐な王たる三島さんからの逃走を決意した。桜几晃の通う帝釈学園は、モチャ子という特殊紙幣がすべてを司る。モチャ子で買えぬモノはないが、モチャ子を持たぬ者は存在価値がない。そんな学園でモチャ子を奪われたアホ毛とおれの運命は!?おかしな貨幣を巡る、ハイテンション学園コメディ!第20回スニーカー大賞“特別賞”受賞作!





所有しているモチャ子なる特殊貨幣が学園内でのステータスに直結するという特殊な校風。モチャ子経済を牛耳る二大組織の陰で、小規模ながらも存続している配当局が奮闘するハイテンション学園コメディであることはあらすじ通りでしたね。表紙でアホなポーズを決めるアホ毛ヒロインの言動の全てがバカ丸出し、だけど見ていると楽しくなってくるキャラクターだから憎めませんでした。ここまでセリフのひとつひとつから、「あー、こいつバカだ……」くらいにまで一貫して通してますね。
しかし中盤以降になると、ストーリーの肝とも言える『モチャ子』を中心においた展開がいっきに押し寄せてきて、学園コメディから配当局を含めた三組織による頭脳戦に舞台が変わります。ストーリーの中に散りばめられた小さな伏線に、たしかに言われてみればおかしな部分だったと思わせられる演出で、本格的な頭脳戦の幕開けになりました。終盤には三組織が一堂に会して、お互いのモチャ子と学内での勢力圏を賭けた騙しあいの戦いは本当に面白かった。終盤に関しては内容の濃さが他とは比べ物にならないので、理解しながら読むと時間がかかる部分ではあるとは思うけど、それだけに面白かったです。
今年の角川スニーカー大賞は豊作でうれしくなってきますね。この作品にはぜひとも2巻まで続いてほしいです。