読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

軍師は何でも知っている 4

モンスター文庫 ラノベ

軍師は何でも知っている(4) (モンスター文庫)
アルビオン公国の策略により、交戦状態になってしまったヴェリス王国と帝国。緒戦でヴェリスが勝利したのも束の間、帝国はいよいよ本隊を投入する。帝国が誇る海軍の精鋭「紅の艦隊」。そして、その隊を率いる大陸屈指の知将カール・ベッケンバウアー。ヴェリスの2倍にも及ぶ帝国軍が、カグヤを、そして軍師・ユキトを窮地へと追い込む。番外編『戦勝会』を含む、「小説家になろう」発、異世界バトルファンタジー第4弾!




ヴェリス王国とノックスによる戦争の戦局が読みやすい。ユキトが指揮するノックスの各部隊ごとそれぞれに魔法や遠距離攻撃、白兵戦などといった、部隊を構成する戦力に特色が出ているので、戦闘時に頭の中でも戦局を整理しやすいし、なによりも戦略の幅が広いので読んでいて楽しいですね。ノックスを指揮するユキトや各部隊長のキャラクターは個性が際立っているので、オフの時の日常会話も見ていて楽しいです。
あとはもう、この物語がフィクションであることは重々承知しているんですが、こうまでわかりやすい『悪役貴族』を配置してくれるのか!?っていうくらい、良い引き立て役になってくれてましたねー(棒読み
見事なまでにクズで無能で権力を振り回すだけの役立たず。かなりパンチが効いていたけど、最終的に天誅が下る展開にはやっぱりスカッとする。とくに人の生死が関わってくる戦争の場面なだけあって、もう緊張感が半端じゃなかったです(汗