読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

リーングラードの学び舎より 2

リーングラードの学び舎より 2 (オーバーラップ文庫)
前代未聞の「義務教育計画」を進めるリーングラード学園で、意外な問題が判明した。それはまさかの『資金不足』。外部との金銭取引に何者かの妨害工作が行われ、このままでは学園の経営も危ぶまれる事態に。ヨシュアンは自分の生徒たちが独自に金儲けを企み始めたのを的確にオシオキしつつ、学園全体を巻き込んで対策を検討していく。それは「生徒たちの自主性も活かしつつ、学園全体の経済活動を活発化させる」という秘策で―!?破天荒な教師と生徒たちによるファンタジー学園物語、二時間目スタート!




教師陣とヨシュアンクラスの生徒たちのキャラクターの特徴や個性のイメージが結びつきやすいこともあるので、キャラクターが混同することなくスムーズに読むことができるのが助かりました。教師たちが教鞭を執る専門的な科目や話すときの口調で判断が付きやすいですね。ヨシュアンクラスのメンバーも問題児×2とその他の3人。生まれも育ちも異なり、平民・貴族問わず多方面から生徒を集ってきただけあって、会話からもどんなキャラクターなのかうかがえます。

今回訪れた『資金不足』の問題。義務教育計画のモデル事業として行われているこの計画の終着点にあるのは「義務教育の成果を審査する生徒たちの試験」。学校経営の基盤にもある資金の調達と併行して生徒たちの教育も施す内容になっていて、博識なヨシュアン先生の教育内容と生徒たちを正しい方向に導こうとするスタイルの先に、ヨシュアンクラスの問題児をはじめ、どんな成長を見せてくれるのか楽しみですね。
その中でもとくに生徒たちの間違いを的確に指摘し、何をどう間違えたのかを理路整然と語っていくシーンは一番読み応えを感じました。こういう細かいところで丁寧にページを割いていくところもあり、1冊に充てるページ数が増えて分厚くなるところがネックになるかもしれないけど、そんなものも面白い作品の前には全く苦にならないです。

オーバーラップ文庫から刊行されるweb小説作品の中でもとくにお気に入りのシリーズなので次回も楽しみです。