読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

聖樹の国の禁呪使い 4

聖樹の国の禁呪使い 4 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
シーラス浴場でつかの間の休息を楽しんだクロヒコ。王都へ戻った彼は、学園長マキナの紹介で『ルーヴェルアルガンの魔女』シャナトリスと出会う。禁呪の呪文書の取引を持ちかけた彼女の目的は、なんとクロヒコを弟子にすることで!?困惑する少年を嘲笑うかのように王都へ姿を現す四凶災。マキナ、シャナトリスと共に四凶災最強の男ベシュガムと対峙したクロヒコは、自らの内に宿る“獣”に身を委ね―。「戦いの後、俺が俺でなくなってしまっていたら…その時は…」禁呪を手にした少年は、自らの選択を迫られる―!!


四凶災のターゲットとなったセシリー・アークライトのもとに向かうべく王都へ姿を現す。異世界における天災として存在が危惧されているほどの驚異的な強さをほこる敵を目の前にして、禁呪使いサガラ・クロヒコや第6院出身のキュリエ・ヴェルステインらの奮闘する姿が熱く、四凶災のもつ能力の前でどのように活路を切り開いていくのか最後まで目が離せなかったです。

前半部分は『四凶災が王都に向かっている』という状況を踏まえたうえでの、ごくありふれた日常パートの進行。シーラス浴場での一件をきっかけに以前よりも親交が深まっているクロヒコたちを中心に勃発するラブコメパート。サブキャラその他有象無象のヒロインのアプローチとデレに比べたら、クールビューティー銀髪ヒロインであるキュリエが発した『素敵な笑顔』の破壊力はたまらなかったですね。この最高のワンカットを挿絵にしてくるところも良かったけど、1巻の頃に比べて俄然態度が軟化してきたキュリエがとにかく可愛かったです。

四凶災編は二部構成となっており、次回は四凶災のターゲットがセシリーであることを知らされたクロヒコの動向からスタート。四凶災襲来中に全く搭乗することの無かったセシリーを救うことができるのか気になるところ。