読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

WEB小説家になろうよ。

WEB小説家になろうよ。 (ダッシュエックス文庫)

《あらすじ》
俺は東山静司。小説投稿サイト『もの書きになろうぜ』で連載中の作品が、めでたく書籍化されて順風満帆……のはずだったんだが。「続きが………書けない………!」スランプで絶賛更新が停止中。そんな矢先、俺は自分のアカウントが乗っ取られ、勝手に連載の続きが投稿されているのを発見する。文章はめちゃくちゃ、書いた覚えもないのに……おもしろい!!
犯人はクラスメイトの秀才美少女・西園海玲。俺はいつのまにか小説とは縁遠いはずの彼女とコンビを組んで小説を書くことに……って海玲さん? どうして俺たちはキスをしているんでしょう!? うらやましすぎるWEB小説家の日常系ラブコメ、開幕!!


ラノベ作家が書くリアルなweb小説投稿サイト(小説家にな○う)の裏話風のネタが多分に含まれているのが生々しい。『小説が最も更新される時間帯がある』『web小説サイトに投稿した作品への投票ポイントと日間ランキングのしくみ』『実際に書籍化された小説家にな○う作品のイメージさせる細かいネタ』。僕自身は文庫サイズでラノベレーベルから刊行されているなろう書籍は幅広く読んでいるのもあって、「この、オークを槍でもって倒していく天秤云々はあの作品かな?」「毎週ある曜日になると開店する異世界の飯ものはヒーロー文庫さんにあった」など、知っていると楽しめるネタが多くて面白かったです。

主人公の東山静司が美少女の西園海玲とコンビを組んで小説を書くことになり、『期限内に日間1位を獲得すること』を目標にひたすら小説を書きまくる2人の志の高さと作品への情熱がすごい。このラノベを読むと思わず「小説を書いてみたい!!」という衝動に駆られてしまうから恐ろしい。高校生ながら小説家として書籍化まで果たした静司が同級生の美少女に「サインを書いてください(サインペンと本を差し出して)!!」と言われる姿。学生の頃のやりたいことに時間を費やせる状況の中で目標にむけて寝る間を惜しんで努力する姿を、これからラノベ作家を目指す若者たちはこれを読めばいいと思うよ。うん、(美少女はついてこないけど)小説を書くモチベーションはあがるよ。

異世界食堂 1 (ヒーロー文庫)

異世界食堂 1 (ヒーロー文庫)