働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

偉大なる大元帥の転身 出直し召喚士は落第中

偉大なる大元帥の転身 出直し召喚士は落第中 (ファミ通文庫)

《あらすじ》
平凡な学生だったケータが、異世界ディルスマグナに召喚されて早三年。召喚学院に通う彼には秘密があった。それは、かつて魔王の腹心として名を馳せていたこと!その正体を隠し、強大な魔力を封じて元の世界に戻る方法を探るケータだったが…。ヒトが操る術式は発動せず、討伐すべき魔物はこっそり逃がし、ついた渾名は任務達成率ゼロパーセント。そんな中、優秀な生徒を集めた調査隊のガイドに任命される。行き先は魔王軍の拠点―元自分の城で!?波乱の異世界転戦記、開幕!

異世界に召喚される際の状況と現実世界へ帰還するヒントを結び付けていくところが、異世界召喚の過程が様式美化されることなく関連性をもっていて物語全体の終着点に目処がついているので、このシリーズが長く続くことでどんなストーリーを辿っていくのかがとても楽しみですね。
魔王軍の地に自宅ごと召喚された主人公が、かつては魔王軍側で大元帥としての地位と実力をもって人類を追い詰めていたなかで、現実世界への帰還を果たすために魔力を封じて人間にまぎれて召喚学院に通う。その結果、他の人たちに比べて幾分魔王軍関連の知識について詳しいことを含めて、召喚学院の任務として『かつての自分の本拠地を攻略するミッション』を与えられるという展開になったりと。
かつての本拠地に残した『人に見られたくない恥ずかしいもの』が見つかろうとも、秘密裏に紛れ込んでいる事実から声をあげることもできずに心のなかで絶叫したりするところとかもう最高に笑えてくるww