読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

異世界妖怪サモナー ~ぜんぶ妖怪のせい~

角川スニーカー文庫 ラノベ

異世界妖怪サモナー ~ぜんぶ妖怪のせい~ (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
異世界に転生した神野琥珀は、なんと伝説の召喚師だった!だけど召喚できたのは青坊主、野槌、そしてタヌキ…ってオマエら妖怪じゃねーかっ!!あげく村を追い出されたオレは、無職の剣士ライカや妖怪たちとダンジョンぐらしを始めるが―!?「そんな妖怪知識いらないから!」「Hな妖怪も出てくんな!!」「魔王軍のスカウトもお断りっ!!!」京極夏彦先生も大推進!掟破りの異世界×妖怪ファンタジーが開幕!!

アニメやラノベみたいに異世界に召喚されてカッコよく無双して可愛い女の子とお友達になりたい!! そんな妄想を抱いていたごく普通の高校生がひょんなことがきっかけで本当に異世界に召喚される……がしかし、彼が手に入れた力は、『日本人に縁のあるモンスター=妖怪を召喚』『一方通行の召喚で送り返すことができないクソ召喚』という、強いのか弱いのかよくわからない能力。

異世界ライフを送るための資金を得るためにギルドへ赴くも、この使い勝手の悪いクソスキルと、これまたポンコツかつビキニアーマーを装着したライカ(異世界ではじめて出会った美少女)では、どんなクエストも上手くいくはずもなく残念な結果に。戦闘でピンチになるたびに、状況を打開できる妖怪を召喚して、戦闘後に共同生活を送ることを余儀なくされるという誰も得をしない地獄絵図が着々と積み上げられていく闇の深さ。
ポンコツでお馬鹿なライカと(美少女に化けた)タヌキがこのラノベにおける唯一の癒し成分でもあるなか、妖怪たちが登場するシーンに入ると我先にと絡んでくる展開に「お前らが出てくると話が進まないんだよ!?」くらいにキレたくなってくる。もういいから召喚した人の言うこと聞いてやろうよ。