働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

イチから始める最強勇者育成 (2) 王道という概念が存在しない厄介な勇者王座決定戦

イチから始める最強勇者育成 (2) 王道という概念が存在しない厄介な勇者王座決定戦 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
女神から新米勇者ミア、シルフィー、ライアの指導を託された俺・クロノスは、ある手紙にホイホイされた彼女たちと共に、最強勇者を決める大会に参加することに。「今こそ私たちの力を世界にしらすめししてやるんだ!」…知らしめる、な。王様をカツアゲしてアイテムGETなど、王道とは程遠い方法で勝ち上がる3人。途中ライアが無気力になったり(トロけ顔は反則!)、嘘をつく度にミアの服が弾けたり(頼むから素直になれ)、シルフィーに犬耳&尻尾が生えたり(普段より感情が分かって可愛いな)…ってシルフィーはある失敗で落ち込んでいるようだ。俺が優勝させて、元気づけてやるか!

世界を救うのは三人の新米ダメ勇者。彼女たちが意気揚々と冒険に向かう裏にクロノスの苦労あり。ダンジョンに先回りをして危険な罠を解除し、モンスターは徹底的に排除し、ダンジョン内豪華な宝箱を配置してご機嫌をとる……こんな過保護に育てられた勇者たちが本当に世界を救う存在に成長する未来が訪れるのかはなはだ思えないけど、イチから冒険者としての基礎とレベルを育てていかないといけないからクロノスの気苦労が計り知れないですね……
とまあこんな風に終始ギャグ展開が続いて、たまーにクロノスがピンチに陥った三人娘を颯爽と助けることでラブコメ展開に派生したりする感じです。ポンコツ勇者だけど気位と扱いの難しさと何をしでかすかわからない三人のヒロインが、何かをきっかけにクロノスに焼きもちを妬いたりする姿がまた超絶可愛い! やっぱり好きなイラストレーターのれい亜さんが描いたっていうのもあるけれど、キャラクター的にも読んでいて楽しいのもありますね。お馬鹿なヒロインはやっぱり癒されます。


この『イチから始める最強勇者育成』は琴平稜さんのデビュー作から二作目というのもあって、新刊を楽しみにしていたんですけれど、これからも存分に楽しめる作品になりそうで安心しました。たまに読みたくなるギャグがメインのラノベとして、個人的に結構気に入っているのもあるので、これからもシリーズが続く限り新刊を読んでいきたいです!