読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

異世界魔法は遅れてる! 5

異世界魔法は遅れてる! 5 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
リリアナを救い、サーディアス連合に到着した水明一行。そこで水明は幼なじみの朽葉初美を発見する。なぜ彼女がこの世界に召喚されているのか。思わず声をかけるものの、初美は水明のことをまったく覚えていないという。どうやら初美は召喚時のショックで記憶を失っているようで―。水明は初美の記憶を取り戻すため、接触の機会をうかがうことに。一方、黎二たちもまた、かつての勇者が使ったといわれる「伝説の武具」を探しに帝国から旅立つ。だが、その旅の同行者として現れたのは意外な人物で―!?異世界魔法と現代魔術が交錯する異世界ファンタジー、邂逅を果たす第5巻!

フェルメニア、レフィールに続いて眼帯少女のリリアナが仲間に加わった水明一行と、日本から同じく英傑召喚の儀を通して異世界に召喚された勇者・朽葉初美が登場してあいまみえる。王城から遠路はるばる水明を追いかけてきたフェルメニア、力を使い果たして一時的に幼女の姿に変化したレフィールも元の姿に戻ったことで、水明を取り巻く女性関係がときたま暴発するすることになったりと、愉快で平和な日常がじつに面白かったですね。
フェルメニアとレフィールの感情の行く先をめぐって、ふたりがバチバチ争っている姿もよく考えたらこれまであまり見ることがなかったんじゃないかな。現代魔術師として無類の強さを誇る水明君もこの問題に関してはごく普通の高校生男子レベルなだけに、たじたじになって振り回される様を見ていると思わずにやけてくる。これだけの見目麗しヒロインに囲まれていながら一切なにも手を付けておらず、「童貞、童貞」と連呼されて悲観する水明君、異世界に来てからは魔族との戦闘から街でのごたごたが多かっただけに、たまに雑談に興じているシーンがものすごく面白く感じてしまいますね。

水明の現代魔法と異世界魔法が交錯する異世界ファンタジーは、現代魔法がなぜ異世界魔法よりも優れているのかに始まり、『異世界魔法と現代魔法の違い』『発動のプロセス』など、水明の口から語られる魔法講義が圧巻でした。異世界魔法の常識を根底から覆すような講義を受けるフェルメニアとリリアナが、この先にどんな成長を遂げるのかも楽しみだけれども、読み応えのあるシーンでもあって特に面白かったです。水明の話を聞けば聞くほど、現代魔法の効率化されてきた魔法体系の凄さがわかってくる。

異世界に蔓延る魔族、水明の現代への帰還、英傑召喚を受けた幼馴染の初美の存在、多くの要素が一気に進展してくるなかで、やっぱり避けることのできなかった魔族とのバトルもあって最高に面白かったです。himesuzさんのイラストも個人的にかなりお気に入りで、キャラクターが可愛いのもあるけど、戦っているときのキャラクターの雰囲気もすごくかっこよかったです。オーバーラップ文庫のラノベのなかでもお気に入りの作品なので6巻がすごく楽しみです。