読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

結局、ニンジャとドラゴンはどっちが強いの? (3)

結局、ニンジャとドラゴンはどっちが強いの? (3) (MF文庫J)

《あらすじ》
人々が竜人の支配に怯える大陸で旅を続ける、銀髪巨乳女剣士メルと、異能“忍法"を扱うシノビのサビト。ナトゥアを支配していた竜公ゴルニシチを討伐し、サビトの幼馴染みのクノイチ・アトリとも『結魂』を交わしたことで新たな嫁(?)を得た二人。そんな3人が次に目指すはナトゥアの北部。その地を治めるは序列第五位の竜公バークナー。彼の驚異的な魔法を前に、3人はこれまで以上の苦戦を強いられる。さらに訪れた集落で新たな竜落子と出逢い、メルシオーネ出生の秘密が明らかに……! ? 「私は……伴侶失格です」ニンジャとドラゴンが雌雄を決する人類反抗バトラブ活劇第3幕、竜落子とシノビとクノイチ、3人の夫婦の運命は――。

いつにもましてイチャラブなメルとサビトの夫婦関係に胸焼けがする! メルのエロさとサビトの性欲もストレートになってきて既成事実が成立していないのが不思議なくらいの仲の良さだ。サビトの幼馴染でクノイチのアトリも加わって、三人そろって死ぬときは運命共同体となったなかでも相変わらずな夫婦関係。いや、むしろアトリが加わったことでメルとサビトの関係を引っ掻き回してくれるいい刺激があって、なおのこと面白くなってきた感じかな。サビトとメルの掛け合いも抜群に面白かったけど、そこに新たにアトリが絡んでくることでまた違った方向に会話が弾んだりするのが良かった。キャラクターどうしの会話だけでここまで楽しめるラノベはニンドラの魅力ですね。


世界を支配する全ての竜公を討伐する旅も佳境に差し掛かってきて、竜公と人間の間に産まれた子ども『竜落子』であるサビトたちのパーティーの戦力が強化され、このままトントン拍子に敵を倒していくのかと思いきや、また新たな壁に直面してサビトたちの目の前に最大の壁が立ちはだかることになったりと回を増すごとに面白くなってきてますね。サビトとアトリの『忍法』やメルの『結魂』と同様に、これまで戦ってきた竜公たちはそれぞれ特異な能力を有しているなか、今回直面した敵の能力によって、どう考えてもサビトたちの死亡が決定している事態にまで陥ることになってる! サビトたち三人のうち誰か一人が死ぬと運命共同体として『結魂』を交わした全員が死ぬ縛りがここに来て最大のピンチを迎えて、今が最高に面白い! 4巻でこのピンチをどう乗り越えるのかが楽しみ!