働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

異世界迷宮の最深部を目指そう 5

異世界迷宮の最深部を目指そう 5 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
「三十層の守護者を打ち破ったら、真実を教えてやる」パリンクロンにそう告げられ、舞闘大会に出場することになったカナミ。その後、スノウの提案により竜退治に旅立ったカナミは、リーパーと話すうち、自身の置かれた状況に疑念を抱く。記憶喪失の元凶が腕輪だと考えたカナミはローウェンに腕輪の破壊を相談するが、なぜかその依頼を拒否されてしまい…。方法を探すカナミに手を差し伸べたのは、かつての彼を知るラスティアラで―!?因縁渦巻く舞闘大会が幕を開け、自身の誓いを違わなかったとき―少年は“全て”を思い出す。

三十層の守護者が迷宮を飛び出して舞闘大会に出場していることや、迷宮探索そのものが手つかずであることが華麗にスルーされている点を抜きにすれば文句の付けようがない異世界ファンタジー作品ですね。主人公のアイカワ・カナミが冒険者として成し遂げてきた数々の偉業を『記憶の封印』という形でリセットされ、別の土地で第二の人生を歩み始める。これまで行動を共にしてきた仲間たちが、記憶が封印されたカナミの目の前に現れて元に戻そうと画策する一方で、それを良しとしない個人の思惑が絡んできて、カナミの記憶をめぐる騒動もここに来て佳境に入って最高潮の盛り上がり。すべてを思い出すために記憶のカギを握る『腕輪』の破壊に辿りつき、仲間たちの協力を得て、『腕輪』の破壊を阻止する勢力と死闘を繰り広げて、異世界迷宮シリーズのなかで最もバトルが多かった1冊だったかもしれないですね。
舞闘大会に出場するカナミの対戦相手となったキャラクターたちは、事前の対戦対手の情報をもとに対カナミ用の戦略を組み立てていくことで少なからず拮抗した場面がチラホラ見ることができて熱いバトルを演じていて面白かったです。カナミの規格外の強さを前に並大抵の対戦相手では歯が立たないながらも、フルスロットルで攻撃的な戦略で突っ込んでくる敵を前にひやっとする場面も数多くあり、そこから見事に形勢逆転に持ち込んでいくカナミの戦い方がまた面白かった。『腕輪の破壊』を目前に舞闘大会で力をセーブしたなかでのトーナメント戦となったこともあって、全試合とも読み応えのある戦いぶりでした。

それはそうとこの5巻、わりと前巻はては前々巻の登場キャラクターやその思惑が複雑に絡み合ってくることが多くて、以前の内容が頭から抜け落ちている部分があることで、拾いきれない展開がチラホラあった気がします。まあ、それを差し引いても「面白かった!」と断言できるくらいに楽しめる作品なんですけどね。