読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

いでおろーぐ! (3)

電撃文庫 ラノベ

いでおろーぐ! (3) (電撃文庫)

《あらすじ》
桜舞い散る新学期、入学の季節―。これを勢力拡大の好機と見た領家は、新メンバーをオルグするべく新入生歓迎会に乱入して勧誘演説を強行する。「学生注目!!我々は反恋愛主義青年同盟部である!高校に入ったら彼氏・彼女をつくり青春を謳歌しよう―そんな愚かな夢はきっぱりと捨てよ!」そして現れた入部希望者はまさかの美少女新入生・天沼皐。入部早々なぜか高砂に急接近する様子に領家のやきもきは爆発寸前で?「領家、待ってくれ!」「話すことなど、何もない!」悪の根源はいつでも恋愛!リア充爆発アンチラブコメ、怒涛の第3弾登場!

反恋愛主義青年同盟部としてリア充カップル撲滅を喧伝するなか、学校内での領家と高砂リア充感が漂う甘ったるい雰囲気に『言ってることとやってることが真逆じゃないか!?』と突っ込みたくてたまらない!! 『リア充の生態調査』の建前でデートの約束を取り次げるふたりのメールのやり取りからにじみ出る領家の舞い上がりぶりが可愛い! ヒロインの魅力的な姿こそはラブコメにおいて必須の成分!
反恋愛主義の思想を語るときの領家の饒舌ぶりとリア充撲滅にかける意気込みが地の文で永遠と語られるシーンはいつも圧巻するのだけれど、それだけに最後の一線を越えた関係に踏み込むことがないのが残念。領家と高砂の仲の良さなら是非ともくっついてほしいんだけれど、『反恋愛主義』の信念が最大の壁ですな。そんな壁はぶち破ってふたりとも堕落する方向に進んでほしいんだけど、世界を破滅に導く神の真意をただひとり知る高砂の抵抗もあって、ここでも領家との最後の一戦を守りに徹する。
これが普通のラブコメならシリーズを積み重ねるごとにヒロインとの関係が着々と進展して、最後には本命のヒロインと苦難の末くっつくみたいなのが王道だと思うんだけど、このラブコメに関してはもうどういう路線を辿るのかまったく予想がつかないですね。