読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ストライク・ザ・ブラッド (14) 黄金の日々

電撃文庫 ラノベ

ストライク・ザ・ブラッド (14) 黄金の日々 (電撃文庫)

《あらすじ》
"聖殲"発動! 囚われた浅葱! そして雪菜の身体に異変が! 物語はクライマックスへ突入!!
『タルタロスの薔薇』事件で絃神島を救った浅葱は、絃神島復興のシンボルとしてローカルアイドル活動をやらされる羽目になる。だがそれは浅葱を幽閉した事実を隠蔽するための、人工島管理公社の謀略だった。それを知った古城と雪菜は、浅葱を救出するためにキーストーンゲート第零層へと潜入する。しかし度重なる戦闘によって、そのとき雪菜の身体にはある異変が起きていた。
絃神島に秘められた"聖殲"の真実と、雪霞狼に隠された秘密。そして雪菜の決断とは――
世界最強の吸血鬼が、常夏の人工島で繰り広げる学園アクションファンタジー、待望の第十四弾!

絃神島の窮地を救った浅葱がその偉業を境にローカルアイドルとして売り出されることになり、本人の意思とは無関係に祭り上げられて浅葱のイメージが神聖化される始末になるとはw 「浅葱って本当は音痴なのよね……」浅葱を知る身近な人間の目には映像のなかの彼女が偽物だということが見破られるなかで、浅葱を全く知らない一般人のなかでは『歌が上手い美少女女子高生』。長期シリーズを経て浅葱の色んな側面を見る機会があったけれど、ここまで実物と真逆の人間が生み出されると身近な人間には「誰だよお前ww」という感じで滑稽に映って笑えてくる。ここまで浅葱のキャラクターを作り変えて、街中を出歩けば一発で顔バレするまでの美少女アイドルとして祭り上げられると、それをネタにした短編集のひとつやふたつ読みたくなってきますね。

浅葱の絃神島でのアイドル化』はさておいて、本編のほうも『姫柊雪菜 簡易検査キットで陽性反応!!』を皮切りにストーリーを進めていく方法に「古城君の鬼畜! 外道! なんで妊娠なんてさせたのよ!?」ぐらいの誤解を受けていく展開が回避不可能な場面でもって爆発するのが予想できるんだけど、このパターンは見飽きない。ぶっちゃけた話古城と雪菜の距離感とやりとりがもう夫婦にしか見えない。何かのきっかけがあったらサラッと結婚してもおかしくないレベルですね。『吸血による魔力の回復』での中学生らしからぬ雪菜の挙動が楽しみでしかたがないんですけど、やっぱり『魔力回復』の建前って大事。合法的に積極的になる雪菜がめちゃめちゃ可愛い。

次回でストライクザブラッド第一部完結の節目を迎えることになるようですけど、この作品はいつもテンポよく話が進んでいってストーリーが綺麗にまとまっていているので、一冊ごとに切れがよく楽しめるところが好きです。それでいて搭乗するメイン・サブキャラクターがほとんど変わることなく、シリーズごとに立ち位置を変えて絃神島の変化に行動を起こしているところが読んでいてちょっと憧れる部分でもありますね。高校の英語教師の那月ちゃんが裏では攻魔管として行動を起こしていて、彼女が受け持つクラスの矢瀬基樹が実は超能力者で、古城と浅葱の前では普通の高校生としてふるまっているけど、裏ではたびたび那月ちゃんと行動を共にしたりしているシーンとかいつみても中二心を刺激される感じがありますね。