読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

天牢都市〈セフィロト〉

MF文庫J ラノベ

天牢都市〈セフィロト〉 (MF文庫J)

《あらすじ》
「世界は概ねクソったれであると理解している」十の浮遊する都市、セフィラが人々にとっての世界の全てだった。かつて親友のリアと共に自作飛行機の事故で空から落ちた少年、カイル。彼は下層セフィラ、イェソドにある酒場の用心棒として生計を立てていた。そんな彼の前に、空から一人の少女、ヴィータが落ちてくる。世界の本質に干渉しその在り方を《再定戯》する力“定戯式"を駆使して少女を救ったその時、彼の日常は一変する! 第11回MF文庫Jライトノベル新人賞佳作受賞作、世界を賭して空を翔けるボーイミーツガール、堂々開幕! 「カイはなにをしたい? なにを手に入れるために飛ぶ?」

最上層、上層、下層、最下層に分かれて浮かぶ十の都市の集合体セフィラ。世界の本質に干渉してそのあり方を再定戯する異能がもつ歴史と神秘性にロマンがあって、最上層に暮らすまだ見ぬ存在に対する好奇心が刺激されてくる作品でした。空から落ちてくるひとりの少女・ヴィータとの出会いがきっかけで、カイルの世界が変わりはじめるボーイミーツガールなストーリーで、何故空から落ちてきたのか、ヴィータの正体はいったい何者なのか。カイルの身の回りに起きる変化とヴィータを巻き込んだ争いの先に待ち受ける展開は王道なファンタジーの世界だけど、空に生きる人々がつむいできた歴史と独特の世界が想像を掻き立てられました。

1巻ではカイルとその親友のリア、謎の少女・ヴィータを中心にしたストーリーで、作中で語られていた最下層やセフィラの構造上決して通常決して上ることのできない上層の世界に何があるのか。2巻が出るのであれば是非とも読みたいラノベですね。