読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

覇剣の皇姫アルティーナX

覇剣の皇姫アルティーナX (ファミ通文庫)

《あらすじ》
舞台はハイブリタニアとランゴバルトの連合軍に占領された城塞都市グレボヴァール。第二皇子ラトレイユに請われたレジスは帝国第一軍の軍師として、都市奪回作戦に参加することに。レジスの作戦により、都市内への潜入に成功したヴァレイズ三等武官は少女フェルの協力を得て、捕虜となった市民達の代表者と会うために行動を開始するのだった―。ハイブリタニア編ついに決着!覇剣の皇姫と読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第十弾!

敵軍の指揮官の性格までをも読みぬく戦場での駆け引き、不利な状況を一挙に覆す魔法のような作戦の数々、敵の兵士たちが執る行動の全てがレジスの手のひらの上で転がされているのを知ら〆られるたびに、レジスの慧眼を感じました!! 城塞都市グレボウォールを奪還するために建てた作戦の奇抜さもすごく、敵味方両陣営が驚きを禁じ得ないのもうなずける視野の広さをもつレジスがとにかくすごいの一言に尽きる面白さ。
そして、レジスの作戦を完璧なものとするためには、城塞都市に侵入を果たして捕らわれている民衆を開放して扇動する必要があるなか、単身で潜入しているヴァレイズの立ち回りもすごかった。いわゆるモブキャラ的な扱いであるはずなのに、作戦成功のために敵陣のど真ん中で敵に気づかれないようにする姿と、わずか数十ページしか登場していないにもかかわらず、城塞都市で出会った少女フェルとのドラマチックな展開ひとつで、一気にそのキャラクターを好きになっちゃいました。この城塞都市の奪還作戦以降は登場することが(おそらく)ないとわかってはいても、その後のヴァレイズとフィルがどうなったのか気になってきます。

それにしてもレジスの戦時における作戦立案と戦局を幅広く見通す凄さは、これまでの功績を通していやという程見てきたけれど、それでも今回の一戦はとにかく面白かったです。帝国軍の誰しもが思いもつかない作戦で敵軍を圧倒する展開に鳥肌が立ったのもあるけれど、まだ見ぬ敵軍の指揮官を戦局の流れからその性格まで見通すのは圧巻でした。