読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

転生従者の悪政改革録

転生従者の悪政改革録 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
大好きな七海先輩との下校中、異世界転生してしまった勇利。没落貴族の跡取りとして、仕えるワガママ令嬢に会いに行くと―「申し訳ありませんでした!」と華麗な土下座をキメられた。普段と様子の違う令嬢に戸惑う勇利は、ふとした仕草から彼女が同じく転生した七海先輩だと気づく。元の世界に戻るには令嬢(=先輩)が婚約or悪徳貴族がはびこる王宮での成り上がり!?先輩の婚約回避のため、悪役令嬢とはじめる異世界改革!!

水泳部のインターハイに向けての猛特訓に明け暮れていた日常から異世界の悪役令嬢の肉体に転生してしまった七海先輩、同時に没落貴族の長男として転生した主人公の異世界ライフの始まり。異世界における貴族と平民がともに同じ学び舎で学問にはげんでいる学院内で誰しもが知る悪役令嬢の体に転生した七海先輩の、『自分のせいじゃないのに何故か他人に徹底的に嫌われる!!』根っこの性格が正反対の人物評価をそのまま引き継いだ状態からの新たな人間関係の構築する様相から「申し訳ありませんでした!!」と、開幕で華麗に土下座を決めていたり、もう腹を抱えて笑わせてもらいました。これまで数多くの異世界転生ものを読んできたけれど、こういったパターンの作品にはほとんど出くわしたことがないので見るもの全てが新鮮でかなり楽しめました。

科学技術が発達した日本の現代文明に触れてきた主人公の勇利と七海が異世界で新たに手に入れた『魔法』という力を前にして模索する姿も、個人的に異世界もののツボを押さえていてかなり好きな展開でしたね。
『筋肉を鍛えたあとにおとずれる筋肉痛は筋線維を破壊してより強固な筋肉を作り上げる働きを人体が行っている。通常ならばそれなりの日数が立たなければ筋肉のいわゆる超回復が起こらない。それならば痛めつけた筋肉を魔法の力で回復させることで筋肉の超回復を瞬時に完了させて、この鉛みたいに重い他人の体を日本にいたときの自分の体並に鍛えなおすことがたやすいのではないか?』
このときばかりは勇利が天才に思えてしかたがなかった。こういったちょっとしたところに科学と魔法の関連性を結び付けて、異世界人の誰もが思いつきもしない発想を持ち出してくる展開はたまらなく好きです。

そして最後は異世界ファンタジーらしく魔法を使った派手なアクションで幕を締めていくストーリー。このラノベはもう無差別に人にオススメしたくなるラノベです!!!