読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

SE-Xふぁいる ようこそ、斎条東高校「超常現象☆探求部」へ!

電撃文庫 ラノベ

SE-Xふぁいる ようこそ、斎条東高校「超常現象☆探求部」へ! (電撃文庫)

《あらすじ》
俺・護田映一郎の高校での目標は、七色に光輝く青春イベントで今はまだ真っ白な青春アルバムを埋め尽くすこと。なぜなら自分の体質のせいで、中学時代は青春とは全く無縁な生活だったのだ。「時にモルダくん。―私と第四種接近遭遇をしてみる気はないか?」だがしかし、接触してくるのは宇宙人のかぶり物をして『超常現象☆探求部』に誘うクラスメイトの白羽根鈴緒で…。一体、俺の青春の行方はどうなってしまうんだ!?少女の好奇心がエッチを呼ぶとき、少年は鼻血を解き放つ!禁断のラブダクション・コメディ、登場!

『SE-Xファイル』ごく普通の日常のなかに潜む超常現象にエッチな意味でのタイトルをもじったコメディ風味のラノベになっていました。うん、エロさでいったらタイトルを読んで字のごとく、強烈なエロシーンがまるで超常現象のように何の脈絡もなく出くわしていく感じになっていて、何故か毎回行為に励んでいるタイミングに遭遇するという魔の悪さが頻発。
主人公の護田映一郎とクラスメイトの白羽根鈴緒が『超常現象探求部』として活動していくなかで、白羽根鈴緒がもつ特異な体質が巻き起こす超常現象だと知ることになってからは、この先のミステリアスな展開に突入するときはエロいオチで〆ていく区切りのよさ。エロに体勢のない白羽根鈴緒の純情な姿と超常現象を探求するうえで欠かせない宇宙人の被り物を被った時のアホの娘らしいキャラクターがあって、彼女のリアクションは見ていてかなり癒されますね。それでいて超常現象マニアの一面もあってか、作中で語られるこれまで現実に起きた超常現象の数々もあってか、作品の雰囲気が超常現象色に染まっていて雰囲気がありました。
ストーリー全体がコメディ要素でまとまっていて、それこそガチの超常現象の解明に挑む! みたいなお堅いものではなく、ゆるくそしてエロい感じになっていて馬鹿みたいに笑えるラノベでした。