読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

軍師は何でも知っている(5)

モンスター文庫 ラノベ

軍師は何でも知っている(5) (モンスター文庫)

《あらすじ》
ヴェリスの戦勝記念舞踏会。普段は軍服姿のノックスの隊長たちもこの日ばかりは燕尾服やドレスに身を包み、宴に酔いしれていた。だがこの機をストラトスが見逃すはずはなかった。ヴェリス兵を操り、カグヤの暗殺を謀るストラトス。間一髪のところで、難を逃れたカグヤだったが、身代わりとなった軍師・ユキトが…。皇国・帝国そしてヴェリスの思惑が交錯する「小説家になろう」発、異世界バトルファンタジー第五弾!書き下ろし番外編『ニコラの予想』『持つべきものは友』も収録!!

異世界バトルファンタジーの世界を書いた戦記もののなかでも各国の動向や戦略が把握しやすくてなおかつ読みやすいので個人的にも毎回新刊が出るのをすごく楽しみにしているラノベのひとつです。大軍同士の一進一退の攻防を繰り広げたときの、敵の戦略を看破して一網打尽にする展開は読んでいて手に力が入って最後はスカッとする内容でもあり、軍師が指揮するメインとなる部隊が少数にまとまっていることもあって戦局の流れが頭のなかで整理しやすいところが個人的にお気に入りのラノベである理由でもありますね。

ヴェリスのなかでユキトの指揮のもと迅速に行動するノックスの部隊と隊長たちのキャラクターもくせ者揃いで、普段はフランクなやりとりが目立ってるし各部隊を指揮する隊長のなかの半分以上が女性なこともあるのに有事の際には国の重要な戦力として活躍するんだから驚きだよ。ヴェリス国内で数々の功績をあげてきたおかげで諸外国でも知名度の上がってきた軍師ユキト殿も、ヴェリス新国王のカグヤやアルビオン公国の象徴ともいえるソフィアを間に挟んで修羅場になることもしばしば。「軍師殿は女性との良好な関係を気づくどころか親密になりすぎて国を滅ぼしかねない」そんな声が聞こえてきそうで、今回ヴェリスにお目見えすることになったフィオナやレーネといった周辺各国の女性を相手にしてどんな関係を構築することになるのかワクワクできて最高でした。