読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件: 1 (一迅社文庫)

《あらすじ》
「あなたは、我が校の“庶民サンプル”に選ばれました」ごく平凡な高校生・神楽坂公人は、ある日突然、『清華院女学校』に拉致されてしまう!伝統と格式あるこの学校に通うのは、名家の令嬢ばかり。おまけに外の世界に出たこともなければ、同世代の「男」を見たこともないという超絶箱入りっぷり。異性と世間に免疫をつける教育のため、「庶民サンプル」として選ばれた公人だったが、ケータイ、ゲーム、漫画すら知らないお嬢様たちにとって「庶民」は憧れの存在で…!?いきなりお嬢様にモテモテ生活スタート!ハートフル学園ラブコメディ。

アニメ版では放送期間の都合上原作の3巻あたりまでしか(うろ覚え)消化しきれていなかったけれど、概ね原作通りに進行している感じで、ダンディ坂野のゲッツにしても「まさか原作でもここまでネタにされているとは思わなかった……」ぐらいの頻度で登場してきてビックリ。お嬢様学校に庶民サンプルとして送られることになった神楽坂公人の学園ラブコメは、『お嬢様』と『庶民』の文化が融合していくことでいつも予想外の方向にドタバタしていくところがかなりツボにはまりました。

近頃は『異世界』や『ファンタジー』を読む機会も多かったので、公人たちが所属する庶民部のメンバーたちによる日常ラブコメは久しぶりな感じがしてかなり楽しめました。『ラブコメディ』と銘をうつだけあって、愛佳、可憐、白亜、麗子たちで公人をめぐる修羅場が勃発することになったり(公人本人は知るよしもなく)、アニメではほとんど登場することのなかった幼なじみがこの修羅場にブチギレたり、ラブコメの王道を突っ走っていくところはラブコメの王道。しかしそこはお嬢様学校なだけあってか、それほど思いつめた人間関係に発展することなくソフトな感じで流されていくので、ほとんどがギャグコメディとして楽しめました。
アニメではあまり見ることがなかったと思うけど、原作だと愛佳はかなり『ツンピュアさん』な性格をいじられている部分があって、いつも「こいつ何で騙されているのに気付かないんだろうか……」と心配になるくらいすぐに公人の嘘に騙されていって完全にギャグ要員ヒロインとして立ち回っていました。

原作もアニメもどちらも面白かったこともあり、個人的に先が気になって買ったことがきっかけではあったけれど、公人をお嬢様サンプルに選んだ真相やその他の伏線も回収されてからはよりいっそう面白くなってきて、これからも追いかけたくなる作品でした。