働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

なれる!SE (14) 世にも奇妙な?ビジネスアライアンス

なれる!SE (14) 世にも奇妙な?ビジネスアライアンス (電撃文庫)

《あらすじ》
大型案件から外され、雑用のような他社会議の議事録取りを任されたJT&Wの梅林。こんな仕事さっさと片付けて、と思っていたところ、遅れて会議に現れたのはかつて苦渋を嘗めさせられた、新興ベンチャーアルマダの次郎丸縁だった。「ビジネスの匂いがするんです」つまらない仕事だと決めつけていた梅林に次郎丸は共闘を持ちかけ、その言葉に梅林の反骨精神が燃え上がる!そのほか、ガテン系女子の薬院加奈子、初めての合コンの巻、最近お太り気味の工兵に立華がダイエット指南の巻、社長・六本松が現場で大暴れの巻とバリエーション豊かな全4編を収録!

スルガシステムに入社をした新入社員たちとの悪戦苦闘の日々を書いた13巻とは離れて、これまでのシリーズでたびたび登場してきた他者のキャラクターたちをメインにおいた短編集になっていました。IT関連の要素も薄めにストーリ-が展開されているので、これまでのシリーズをとおして築き上げてきた人間関係を面白おかしくいじりまくっている感じがしてるので、なれるSEのシリーズのファンである自分にとっては最高の1冊でした。

これまでスルガシステムの桜坂工兵と何度か仕事やプライベートで交流がある扶桑建設のエンジニア薬院加奈子の友人が、仕事が生きがいの薬院の男っ気の無さをおもんばかって、薬院の友人から合コンに誘われることに。なれるSEのなかで登場するキャラクターは全員が社会人であり、話のネタも大人ならではのネタに派生していくところがおもしろかったです。仕事を抜きにした薬院の内面も掘り下げることができてたし、なによりも合コン兼飲み会なだけにアルコールも入ってタガが外れている様子もあって楽しめました。

その他にも、仕事つながりで人間関係が構築されているスルガシステムの桜坂工兵が、日頃の飲み会の多さから太り気味となったことが原因で、見た目が幼児体型で全く太っている要素が見られない立華からダイエットの極意を教わりダイエットに励んだり。これまで一度としてまともな仕事を営業で獲得してきたことがなかったスルガシステムの六本松社長が、妙なやる気を出したことがきっかけで『このままだと俺たち(社員)が殺されかねない!!』という理由から団結して画策するストーリーも、この内容がフィクションだということを念頭に他人事のように笑いながら楽しめて最高でした。いやー、こんなクソみたいなブラック企業では絶対に働きたくないですねw