読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ドウルマスターズ (3)

ドウルマスターズ (3) (電撃文庫)

《あらすじ》
早乙女蒼生は地球に降下した。そして、死んだはずの親友、龍一が乗る最新型ドウル『マクリール』と交戦する…。海上に浮くメガフロート上で、『ヤクシャ』を駆り実機での地上訓練に励む蒼生たち。玲音との交流も増え、自身の恋心を再確認する蒼生だった。数日後、敵が襲来する。現れたのは、水中戦に特化した蒼穹色のドウル『マクリール』。宇宙でも『ソフィア』を手玉にとった恐るべき機体である。蒼生と玲音も訓練機で応戦するが…蒼生の大切な仲間が、マクリールの毒牙で命を落とす…!

ドウルマスターズの世界観がどんどん壮大なものになり、早乙女蒼生にとって死んだはずである龍一と敵対関係にあるという状況がいつか大きな出来事に発展しそうな……そんな人間ドラマを思ってみると長い目でこの作品を楽しみたくなってきますね。
とにかく登場人物の多さと早乙女蒼生、早乙女朱理、高城玲音、如月龍一との間にある関係性と所属する組織同士の勢力図を把握しつつ、彼らの立たされている状況を整理しながら読み進めるのはそれなりに大変でした。それでもこの作品のなかで登場するキャラクター同士のやりとりと、あらすじで既に語られている『蒼生の大切な仲間が、マクリールの毒牙で命を落とす!!』このくだりを読むだけでも十分に楽しめる作品でした。